第48話 神威さん焦り気味


 夏も近付く梅雨頃。


 今日はザルラーメンに相成った。


 付け麺とも。


 造っているのは凜ちゃん。


 昨今は、答案の答え合わせで忙しいらしい。


 恐縮ながら有り難いことに……時間を作って、エプロンを纏って、有栖川家の食事を作ってくれている。


 萌え。


「私の成績どうだった?」


「適確でしたよ」


 物腰柔らかい言葉が胸に染みる。


「それより金子さんはどうされました? 開幕パンチからあんな感じでしたけど」


「気に入られたみたいで」


「ですよね」


 コロコロ。


 笑う凜ちゃん。


 …………冗談ごとじゃないんだけどなぁ。


「可愛い人にモテますね。陽子さんは。アンデルスさんも唯一のお友達が陽子さんみたいですし。何かしらの萌え成分を振りまいているのでしょうか?」


 不名誉な。


「お兄ちゃんは?」


「性格が可愛いでしょう?」


 その発想は無かった。


 単なるシスコンな気もする。


 アレを可愛いと定義するか。


 凜ちゃんの薫り高いコーヒーを飲みながら、ダイニングで時間を潰していると、ピロリンと無機質な電子音。


「ふむ」


 神威からだった。


 碓氷神威うすいかむい


 スマホのラインだ。


『なあ。又聞きしたんだが』


『はあ』


『転校生に告られたって本当か?』


『本当ですけど』


『なんて返したんだ!?』


『謹んでごめんなさい』


『そっか』


 そもそも報告する義理もないのだけども。


『焦った?』


『そりゃな。ぶっちゃけお前は、ちょっとモテすぎだ。陰キャやるんじゃなかったのか? どう考えても破綻してるぞ』


 あう。


 そ~言われると照れるな~。


『ま、一目惚れを否定はしないけど……そこまで安い女でもないんで』


『春人はどうしてるんだ?』


『いつもの通り』


 いつもの如く。


『今度デートしね?』


『気が向いたらね』


『せめてラインIDの件くらいは罪滅ぼしてほしいんだが』


『私のせい?』


『根幹を為すのはな』


 さいでっか。


『前向きに考えてみます』


『またそういう政治家みたいな事を……』


『責任ある発言をしないのがマスメディアの処世術なので』


『わかるけどさ』


 わかるんだ。


 島国の業よ。


『そいつ格好良いのか?』


『神威ほどじゃないけどね』


 どちらかと言えば、


「可愛い」


 に該当する。


 ……。


 …………。


 ………………。


 ……………………。


 それ以上コメントは来なかった。


 何か地雷でも踏んだっけ?


「スマホ中ですか?」


 凜ちゃんが尋ねてくる。


「終わりました」


「では夕餉にしましょう」


「さっさーい」


「先生も呼ばないと」


 付け麺。


 ピリ辛ダレに、ゴマと長ネギ。


「凜ちゃんは良いお嫁さんになるね。うん。これは間違いない。娶る人が羨ましいし怨めしいかなぁ」


「恐縮です」


 穏やかに笑われる。


「私のことどう思ってる?」


「愛らしいですよ」


「陽子みたいで?」


「陽子みたいで」


 コックリ頷かれました。


「さいでっか」


 純粋に照れる。


 凜ちゃんの爽やかさは目に毒だ。


「陰子でも良いんですけど」


「お兄ちゃんに影響されすぎ」


「ですね」


「面白いか? 俺の小説?」


 眉をひそめるお兄ちゃん。


 聞く人によっては皮肉に覚えるかも知れないけど、此奴の場合は本気で疑わしく思っているのは間違いない。


 この辺、器用な技術があると別の側面で不器用になる典型。


 で、


「ええ」


 凜ちゃんが安心させる様に頷く。


「今のところは」


 私も麺を手繰りながら頷いた。


 凜ちゃんの真摯な心遣いをフォローする形になったけど、たしかに少年少女にとって、お兄ちゃんのシナリオは夢と希望と青春と中二病に溢れている。


 付け麺……美味しゅうございました。


 まる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます