剣帝の息子、魔の道に進む ~俺は剣の才能は0だったけど、魔法の才能は限界突破していた~

作者 クローン人間

この作品の応援コメントはまだありません

エピソードへのコメントがつくとこの場所に一覧表示されます。