夢の中の少女に恋する男がいて、でもそいつはきっと、自分が馬鹿だって気づいている筈だ。

作者 式崎識也

5

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?