緩やかな自殺からの脱却

作者 いけだうし。

自意識の檻

  • ★★★ Excellent!!!

一人称視点で青年の心情が綴られています。

自意識から出られないという苦しみを抱えながらも、小説を書こうとする意志の力に感服しました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Kusakariさんの他のおすすめレビュー 247