緩やかな自殺からの脱却

作者 いけだうし。

青春という言葉は泥臭い

  • ★★★ Excellent!!!

しかし、この物語は青春の一幕だ。

「僕」は物語を書き続ける。
文句を言いながら、指を動かし、たまに君を見ている。
軽快な不満の数々に彼の持つ人間臭さを感じられた。
憎めない、ありきたりな若者。

どうしてか、引き寄せられるのは作者の言葉のセンスと人柄によるものだと思う。

短いけれど、私は好きだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー