雨病み

作者 若生竜夜

言葉でないところで共感する詩

  • ★★★ Excellent!!!

切ないような、あるいは、祈るような、不思議な詩。
僕は何度か、この作者様の作品で申しているのだけど。
これだけ短い文章で、人の感情を揺さぶれるのは、魅力以外の何物でもない。

とても不思議な詩で、読んでいると表現は曖昧なのだけど。(たぶん、わざとかなぁ)
漠然としている分、想像した時に、それぞれの胸に作者の描く物とは違う情景が映っていることだろう。
その時、切ない気分なのか、寂しい気分なのか。
ぼんやりとした感情が胸を締め付ける。

かと思いきや、作中で書かれている文章を読んで、何となく言いたい事が分かる所もある。

他の人は、この作品を読んで、何を想ったのか気になるところだ。
興味のある方には、是非読んで頂きたい。
ほんと、不思議な詩なのです。

※作者様のあらすじを読む限り、詩で合ってるか分からないけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

蒼井金太郎さんの他のおすすめレビュー 260