特殊傭兵たちの異世界召喚 お疲れ様回2

ミ「特殊傭兵達の異世界召喚第二章帝国主義、いかがだったでしょうか?ナチスのお話も混ざっていて、面白かったですか?」

零「ミミ~!最初のあれはどういう事よ!?何で最初からお兄ちゃんと………その……」

ミ「何で赤くなるのですか?」

零「うるさい!今すぐ撃ち殺してやる!」

カチャッ

ゼ「待て待て!お疲れ様会で銃を使うな!蜂の巣にする気か!?」

零「ええ、お兄ちゃん!このお兄ちゃんをヤったこのビッチを撃ち殺して、私が変わってやる!」

ゼ「だー!落ち着け!って何でミミ、火の玉を出す?」

ミ「ゼロ君、そこを退いてください。その女を消し炭にしますので。」

ゼ「真顔で怖い事言わないでくれる!?」

レ「何やっているんですか?最初から盛り上がっていますね。」

零「レギー!あなたもよ!あなたも加奈子と何やってるの?」

加「いや……まさか、書かれているとは…

……気づかなかったよ。」

エ「何みんなでイチャイチャしているの?こっちが恥ずかしくなるわ。」

ゼ「………………」

ミ「………………」

レ「………………」

加「………………」

テ「なぜ黙る?」

錬「恥ずかしいんでしょ?放っておきなさい。」

ア「それにしても、出て来たの、一部の人だけだねー。」

ク「短編らしいからな。そりゃ出る人も少ないだろ。なぜ短編なのか分からないが。」

ダ「次の話の為らしいぜ。次回は比較的平和な話になるって聞いたな。」

ド「ダッチャーさん!初めての登場ですね。」

ダ「ああ、今回俺が出たからこの会に参加出来たぜ。いやー、年をとると、体が痛いな。」

優「ダッチャーさん。体は若返っているのではないのですか?」

ダ「心がだよ。察しろ。」

モ「それで、次のお話が比較的平和ってどういう事ですか~?」

ダ「次回はお前達の仕事をメインにした話らしい。王国での仕事だったり、冒険者の仕事だったりするから、危険なことは少ないと思うぜ。」

南「なるほど。…………ってあれ?今回、会が終わるのが早いですね。なぜですか?」

ク「いや、ボス達の所を見ろよ。今にでも戦争を起こしそうだぜ。」

ダ「こりゃ、終わったら、ケンカもんだな。」

テ「じゃあ、出番の少ない俺が次回予告をしよう。次回は俺達の任務の話になる。全員分だから、それぞれの話を見る事が出来るぞ。彼らの任務で起こるハプニングとは?彼らの運命は?」

エ「次回もお楽しみに~。」

ダダダダダタ!

ア「ああ~!やっぱりこうなった!」

第二章帝国主義 エンド

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます