希望の光-遅咲きアイドルと引きこもり青年の恋-

作者 ホシノユカイ

57

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読む前はアイドルにハマるファンのお話だと思っていました。
しかしそうではなく、アイドルファンと遅咲きアイドルのダブル主人公、というストーリーが新鮮に思えました。

わたしも重度のオタクなのですがアイドルファンの友達がいなく、そういう方面にハマっていく過程や生態がわかったのが良かったです。
逆に遅咲きアイドルの方は成長物語でもあり、オーソドックスな楽しみ方ができそうなエピソードです。

★★★ Excellent!!!

「清純」「品行方正」を求められるアイドル。
そしてそれを追いかけるオタクは「キモチワルイ」「非リア」と切り捨てられる世の中。

でも実際は、アイドルもオタクも我々と同じように今を生きていて、泣きも笑いもすれば、人に話したくない過去のひとつやふたつだってある。
そんな当たり前のことを思い出させてくれるお話です。

描かれるのは、決して輝かしいばかりではないアイドルの日常。でも彼女達の人生は、それを取り巻くオタク達の人生は、間違いなくキラキラしてる。
どんな淀んだ沼にだって美しい蓮が花開くように、どんな人生にも、「希望の光」はあるはずだから。

皆さんもトクさんとハナちゃんが駆け抜けた四年間を、一緒に見守りませんか。

★★★ Excellent!!!

アイドルグループ清流ガールズ。
岐阜のローカルグループとして活動している。
主人公のハナはエステティシャン。
清流ガールズリーダーの大野ちゃんに見いだされ、
清流ガールズの研究生に。
なんでやー! からはじまり。
ハナと清流ガールズの成長と発展、崩壊まで
裏から表から、
あ、表はトクさんというもう一人の主人公、
清流ガールズのファンになり、ずっぽりハマって
しまいにはたいして興味のなかったハナにずぶずぶになる、
からの視点で描かれます。

深いキャラ設定、豊富なエピソード
抱腹絶倒、涙もあり、ポロリもあるよ。
やっぱり、おっぱいなのかぁー!

★★★ Excellent!!!

順調に人生を歩んできた徳山ことトク。
妻と離婚し会社を辞め荒んだ生活を送っていた彼は、あるとき「清流ガールズ」なるアイドルグループのファンになり……。

連載中「ハナ、アイドルっていうのは2」読了時点のレビューとなります。

ダブル主人公トクとハナ。
二人にほぼ同じ重心をかけた形で物語は進みます。
トクはアイドルを追いかけるため生活を正そうとし、エステシャンとして働くハナは23歳だが遅咲きのアイドルとしてその道を目指していく。

拝読時点ではまだトクとハナは出会っていません。
異なる立場の二人ですが、ご当地アイドルという微妙にニッチな光を目指して、運命がゆっくり回っていく様子が確かに感じられます。

物語はラブコメですが、描写も丁寧でライブのシーンなど臨場感あふれ、その場の雰囲気が伝わってきます。
熱中できる何かがあれば、人は生き生きとするのだなぁとしみじみ思います。

今後の展開がますます楽しみです!