第95話引きこもり

ゆうは、引きこもりになってしまった。


渚は、どうにかしようとしてもゆうは、ため息しかつかない。


みんなを呼んでも目を覚まさない。


昼夜逆転して野球ゲームを夜中にして朝に寝る生活が続いた。


渚は、それでも怒ったり無理矢理学校には連れて行かなかった。


1ヶ月経過したある日、担任教師と校長がゆうの自宅を訪ねて来た。


「木村、明日からタクシーが迎えに来るから寝間着姿でも良いから。」


担任教師も来いとは言わなかった。


校長は、一言


「来年、期待している。」


とだけ言っただけだった。


ゆうは、寝間着姿で次の日から渚とタクシーで登校し始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます