神喰らいの歌

作者 雄太朗

139

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

王道を行く…て感じですね。
憧れの背を追う少年少女。

文面は簡潔ではあるモノの、必要な事をちゃんと書いて、丁寧に書かれているようにも思う。
場面場面の切り替わりもササッと進んでいくので、物語の進行も遅すぎず…早すぎず…。

王道の物語に加え、読みやすい文面、時間の空いてパッと何か読みたいと思った時、気軽に手に取れる作品ではないでしょうか。

★★ Very Good!!

オリジナルの要素を多分に盛り込んだ世界観で描かれる、少年の成長と戦いを描いた王道のファンタジー作品。

『歌(セム)』や『創遏(そうと)』など、世界を構成する要素の細かい部分までしっかり作り込まれているので、とても丁寧な作品だなと感じました。

ただ、この『創遏(そうと)』を使用した際に、それがどのような見た目をしていて、どういった音が鳴っているのかなど、その状況を想像する材料が少ないのがもったいないと思いました。

加えて、本作は会話文が連続する部分が多く、それがテンポの良さに繋がっていると思いますが、個人的にはもっと地の文章での表現が多くしてもらい、細かい風景や人の表情まで想像できたら、さらに良かったなと思いました。

★★★ Excellent!!!

本作は二つに分かれた世界を舞台として、闇の進行と戦う主人公の活躍と成長を描いた物語です。
それだけではありふれたファンタジー作品なのですが、本作を特徴付けるのは弐王と弐姫の存在です。

作中では絶大な歌の力を誇る歌姫が存在し、開始時においては二人、すなわち弐姫がいます。そして、その守り手として強大な力を振るうのが弐王です。

歌姫の素質を持つヒロインと、それを守る主人公、果たして二人は参となれるのか、王道のファンタジーが今ここに幕を開けます。

★★★ Excellent!!!


 かつて戦争で家族を失った少年は、大切なものを守る為歩みを始める──そんなキャッチフレーズがしっくりくる本作。

 大切な幼馴染み、秘められた力、チートではなく努力で成長、と真なる王道とも言える作品でありながら、どこか優しさを感じさせる物語です。

 設定がしっかりしているので世界観に違和感がなく、思わず読み進めてしまう。読者を引き込む力は作者さんの丁寧な作りのお陰ではないでしょうか。

 読者が読みづらいということはなく、安心して読むことを勧められます。

 壮大な物語は始まったばかり。これからも物語の世界を堪能させて頂きます。

★★★ Excellent!!!

5章が始まり読んでみて、思わずレビューを書き直したくなりました。

この作品は投稿初期から読み続けていますが、作者様の進化が素晴らしい。

章を重ねる毎に文章のレベルが上達していると同時に、元々の持ち味でもある読みやすさ、王道を貫く物語もどんどん奥深くなっていく。

1話1話はとても読みやすいボリュームになっているので、王道好きなら是非とも5章まで読んでほしい。