親戚の叔父の結婚相手が担任の先生だった件について。

作者 煌河穂鷹(きらかわほたか)