何故か新キャラは皆聞く耳を持たない

「な? プリクラ撮ろう、れいんちゅわん」

「プリクラはイヤ」

「そんな事言わない言わない。二人で撮ろうぜ?」

「イヤ」

「さては照れてるな? 大丈夫、れいんちゅわんならめちゃくちゃ可愛く撮れるって」

「……」


 終いには無視される始末。

 れいんの神童に対する態度は相変わらずだな。

 そんな神童嫌いのれいんが同行するってのは少々意外だし興味があるが、今の俺には遊んでる時間なんてないんだ。

 今日こそはちゃんと勉強せねば。


「じゃあな、せいぜい俺の分まで楽しんで来てくれや」

 言って、俺は踵を返す。


 そんな俺の背中に、

「じゃあなって、そっちは反対方向だろ? せめて駅まででも一緒に帰ろうぜ。それとも、何か用事あるんか?」

 神童から至極当然な質問が投げ掛けられる。


 ――――すっかり忘れてた。

 俺が浅葱の家、即ち実家に帰ったって事を連中に報告するのを。


 今までの黒霧の家からだと学校までの距離も中途半端だったし、電車通学をしなきゃダルい距離だった。

 それが、浅葱の家に変わってからは徒歩でも通える距離になったのだ。

 方向は以前と全くの逆方向になるってワケだが……


 そうか、何だかんだで最近じゃコイツらと一緒に帰る事も全然なかったからな。そりゃ俺が当たり前な顔して駅と反対方向に帰って行ったら不思議にも思うわ。


 説明するのも面倒だけど、コイツらには言っておくべきかとも思うんだよな。別に隠す必要もないし。

 今言わないでまたの機会に……とか言って忘れる可能性もあるし。いつ言うの? 今でしょ。ってヤツだ。


「いやぁ、俺の家あっちになったんだよ」

 と、駅と反対方向を指さして神童達に告白する。


「え、何? どゆこと?」

 まぁ当然の反応だわな。れいんが神童達を嘘で丸め込んだ時を思い出すぜ。


「そのまんまの意味さ。ほら、俺が事故ってから黒霧の家に引き取られたってのは知ってるだろ? 漸く実家の方と話がついて、戻る事になったんだよ。1ヶ月程前にな。」


「まじか!?」

 と、神童。

「えぇ、何でもっと早く言ってくれなかったのぉ? じゃあこの間忍の家に行ったの、無駄足だったって事じゃん~」

 と、咲羅。


「なかなか言い出せなくてすまんかった……な……って、え? 咲羅、何? 来たって。え? 黒霧の家に?」

 危ねっ! つい流す所だった。


 え、まじで? 来たの? いつ?

 やばいって、今や黒霧の家は誰も住んでない幽霊屋敷だろ。異変に気付かれちゃないだろうな?


 一番恐れてた事が起きちまったじゃねーか! もっと早く、こうなる前に切り出せば良かったぁああああああああッ!!


 一方の咲羅は必死に記憶を辿っているようで、

「確か……文化祭が終わって、その後だったかな? 忍が休んでた時、重要なプリント配られたから届けにと思って。行く前にメールも入れたんだけど」


「文化祭が終わった後……?」

 って言うと……俺のスマホが壊れてた(純志麻戦参照)時じゃね?


 葉月さんを何とか説得して新しいスマホを買っていただいたのは11月上旬だ。

 て事はその前か?


「え、その時家に誰か居た? てか何時頃に来たよ?」

「学校の帰りだから夕方だよ。留守だったみたいだから、郵便受けの中に入れて来ちゃった」

 そう言う咲羅の表情からしても、特に何かに気付いたり、不信に思ったりって事はなさそうだ。


 とりあえず、黒霧の家で忌まわしき事件が起きた事は咲羅は知らないみたいだな。

 それについては安心した。



「……まさか、まだ言ってなかったなんてね。住人が確実に家に居るであろう時間に来られてたら、間違いなく不信に思われてたわよ? さすがに殺人事件が起きたとまでは考えないだろうけど」

 と、いつの間に俺の側に来ていたのか、れいんが小声で言ってくる。


「うっせ。とりあえず何ら疑問にも思ってないっぽいし、今ちゃんと伝えたからもう大丈夫だろ」

 俺も小声でれいんに言い返す。


 すると、やはり俺とれいんの心配は単なる杞憂に過ぎなかったようで、

「え、じゃあさ、その内忍の新しい? ってかホントの実家か。いつか遊び行かしてくれよ。れいんちゅわんも一緒に住んでるんだろ?」

「あ、いいね。私も気になるかも♪」


 二人は新しい遊び場所を手に入れた事を喜び出した。

 盛り上がるのは勝手だがな、ここは校門前だ。場所をわきまえろ。

 ほら、見るからに図書委員みたいな女子学生が鬱陶しそうにこっち見てるじゃねーか。



「別に来るのは構わんが、ボロい日本家屋だからあんま変な期待はするな? むしろ暴れたりしたら壊れるかもだから覚悟しといてくれ」

「そんなにか!」

 ますますテンションが上がる神童達。

 いけね、拍車かけちまったか。


 まぁ……確かに現代の家屋しか知らない人間からすれば、完全なる昔ながらの日本家屋ってのに興味を持つのもわからなくはないが。

 俺だってあんな事の後に連れて来られなければ、少しばかりは舞い上がっただろうし。


 このまま浅葱邸の話が弾み、奴等が更に興味を持って、

「今から行こう」

 なんて事になったら勉強所じゃなくなるのは明白だ。

 ここらでお開きにしとくのが得策だろう。



「ま、そう言うワケだ。とりあえず今日の所は俺は不参加だけど、楽しんで来てくれや」

「ちぇーっ、しょうがないか……」

 と、どこか煮えきらなさそうな咲羅。

 神童はと言うと、

「れいんちゅわん、俺こう見えてもUFOキャッチャーはなかなかの腕前でね。欲しいモノがあったら取ってあげるからな」

「……」

「取ってあげるからな」

「……」

 最早説明するまでもない。


「お前らは遊び呆けて赤点取ると良いよ、赤点。じゃ、また明日な~」

 言って、俺は連中の反応を見る前に踵を返す。

 再び俺の背中に声がかけられない所からすると、完全に諦めてくれたようだ。



 さて、これで漸くおうちに帰れるってもんだぜ。トボトボと歩きながら考える。


 最後の頼みの綱だったれいんが連行されたのは、俺にとってかなりの痛手だ。

 教えてもらう気満々だったのに。

 自分で勉強しようにもなぁ……


 流石に万能なユマっぺと言えどまだ中学生。まさか高校の勉強が解るとも思えんし。


 やはり自分でやるしかねぇかなぁ。教科書見ても何がなんだかわかんないし、「猿にもわかる」とか、そんないかにもな売り文句の参考書を探しに本屋にでも行ってみるか?


 自分の性格は俺が一番良く知ってるはずだ。

 やる気があるうちにやらないと、絶対にやらない。そんな男なんだ、俺は。


 そんなワケで、俺は一先ず本屋に向かう事にした。


 駅の方になら、レンタルショップと一体のデカイ本屋があるのだが、今の俺には娯楽の誘惑なんて最大の敵過ぎる。

 面白そうなDVDなんて見つけた日にゃ、借りてテスト勉強そっちのけになりかねないからな。

 それについこの間、家の近くの商店街にも小さい本屋がある事を確認した。

 そうなれば、別にDVDを見に行くわけでもなし、わざわざ駅の方に行く必要もないだろう。


 ◇


 商店街は平日の昼間って事もあってか、主婦の方々で溢れていた。


 この感じだと、今日はスーパーで特売か何かやってるのだろう。

 おばちゃん達の両手には、かなりの量の買い物袋が下げられている。


 そんなおばちゃんの群れの中に――――


「あれ?」

「……あ」

 俺が気が付くと同時に向こうも俺に気付いた様で、その人物もまた両手に大量の買い物袋を持ちながら、俺の元へと走り寄って来た。


「忍さん、今お帰りですか?」

「おぉ、テストで今日は学校も半日で終わりなんだ。ユマッペこそ買い物か? まだ昼時だが……学校はどうした?」

 そう、今俺の目の前に笑顔で立って居るのはご存知、浅葱邸の誇る家政婦・橘友真である。


 ユマッペはいつもの服装で、いつもの様に買い物袋を両手にぶら下げている。


 今日は普通に平日だろ?

 俺達と同じくテスト期間ってワケでもなさそうだし……


「えへへ、今日は……寝坊しちゃって……」

 言って、ユマッペは言葉を紡ぐ。

 ユマッペが寝坊とな? これまた珍しい事もあるもんだ。


「さては、サボりだな?」

 如何にも、推理小説で犯人が解った時のように、勝ち誇った笑顔で言ってやる。


「えへ……ご名答です♪」

「やはりな。まぁ俺もしょっちゅうサボってる身、とやかく言える筋合いはないわ」

「あ……でも忍さん、どうして商店街の方に? れいんさんは一緒じゃなくて?」

 ユマッペは明らかに重そうな買い物袋を持ち直し、単刀直入に聞いてきた。

 確かに、別に用事がなきゃ通る道でもないしな。

 特別遊べるスポットでもないし。せいぜい子供が喜びそうな店なんて、ここにはあってもおもちゃ屋くらいだ。


 てか、俺とれいんがいつも一緒に居るみたいな言い方やめてくれない? 俺とれいんで1セットみたいな言い方やめてくれない?

 別に良かろうよ、俺一人でも。


「いや、まぁ……ちょっと参考書を見に本屋にな。俺レベルにもわかるのがあれば良いんだが」

「なるほど♪」

 と、大きく頷くと、ユマッペは一度呼吸を整え、

「あ……あの! もし忍さんさえ良かったら一緒に帰りませんか!? これから丁度薫の所に行くつもりだったので!」

「俺は構わんが」

「じゃあ……私、スーパーの中で待ってますから、忍さんの買い物が終わったら呼びに来てください!」


 たったこれだけの事を言うのに顔を真っ赤にし、大きく息を切らすユマッペ。

 そんなに気合いを込めんでも大丈夫だ。


「了解したぜ。あ、買い物袋は俺が持ってるよ。何やら重そうだし」

 自分で言うのも何だが、俺のなんて親切な事だろうか。

 この優しさがいつか誰かに牙を剥くことにならないと良いぜ。


 一方、手を差し出されたユマッペは、

「え、あ……私はだ、大丈夫ですよ?」

 今のどこに慌てるポイントがあるのだい。


 もうここはユマッペの反応とかに構わず、例の買い物袋達をぶんどる事にする。

「良いって事よ。その代わり、今夜も美味い夕飯頼んだぜ、橘シェフ?」

「ま、任せてくださいです! それじゃ、また後で!」

 そう言って、ユマッペは何やら嬉しそうにスーパーの中へと消えていく。


 しかし、この買い物袋。持ってみて思ったが、やはりクソ重い。

 こんなのずっと持ってたらユマッペの腕引きちぎれちまうんじゃないか? てか、いつもこれくらい買い込んで来るよね、あの子?

 いつもこんな重いもん持ってんの? マジか?


 っと、俺もいよいよ自分の用事を済まさんと。

 スーパーから目と鼻の先の本屋を目指して歩き出す。


 マジ俺の頭のレベルに合うのがあると良いんだが。



 ――――と、その時。


「あのぉ……ちょっと良いですか?」

 背後から何者かに声をかけられた。

 何かを伝え忘れたユマッペが戻って来たのかとも思ったが、今の声は俺の知るユマッペの声ではない。

 そもそもこんな声のヤツ知り合いに居たか?


 何事かと、渋々ながら振り返る。



 俺の目に映ったのは、俺と同い年くらいの女だった。案の定、見知らぬ他人。


 腰下まである長い髪を靡かせて、猫のようにつり上がった目で俺を見つめてくる。

 なかなかのべっぴんさんだ。しかしこんな綺麗な子が俺なんかに何用か?


「俺に何か?」


 俺の問いに女は不敵な笑みを浮かべ、

「あなた、今女の子にシノブさんって……呼ばれてた?」

「は? いや……まぁ、そう言う名前なんで」

 何を言い出すんだ、コイツは?

 抑えようにも、俺の顔がどんどん女への不信感に満ちていく。


「ちなみに――――」


 女の眼光が鋭く光った。


「“れいん”って言ってた?」

「……は?」


 女は俺の気も知らず、胸元のポケットから一枚の紙切れを取り出す。

 いい加減にしてくれないか。

 俺は人を待たせてるんだ。重い荷物を持ってて手も痺れて来てるし。


「実は私、ある人を探しているの」

「ある人?」

「そう、二人居るんだけどね。一人は、六条れいんって言う女の子を」


 女は淡々と、良く知った名前を言ってくれた。


「え……?」

「そしてもう一人は、その六条れいんと最近行動を共にしているという、黒霧忍と言う男」


「――――」

 ……俺? え?


 俺の反応を見るや、女は口元を歪め、

「その顔、やはりあなたで間違いないようね。そもそも、れいんなんて名前の人、そうそう居るはずないし。こんな所で見つけられるなんてラッキーだわ」

 とか言い出しやがる。


「俺達を探してたって、お前は……」

「あなたの事、調べさせてもらったわよ? 名前、黒霧忍。種別、吸血鬼――――」

 女は自慢気に、その紙に書いてあるであろう事を読み上げる。

 他にも色々、俺のプロフィールを読み上げるつもりなんだろう。

 が、俺もここで反論させていただく。

 このやり取り、そろそろいい加減にして欲しいぜ。


「おいおい、そっち系の話をするクセに俺の設定を知らないって事は、やっぱアンタ新キャラですか? 俺は吸血鬼じゃなくて希種なんだよ」

 今となっちゃお決まりの弁解。


 しかし、目の前のソイツは、

「私には吸血鬼の波長なんて判らないし判るつもりもない。だからあなたが吸血鬼だろうと何だろうとどうでも良いの。もう、充分な理由があるんだもの」


 今まで判ってくれないキャラが居ただろうか?

 あの純志麻でさえ耳を傾けてくれたのに、この女は何て言った。

 どうでも良いだと?


 ざけんなっ!!

 これ以上一方的に言わせてたまるか。


「大体何なんだお前は。そのスジのヤツって事は判ったが、ハンターか? 俺とれいんを探してって……何するつもりだ? この街に派遣されたハンターがれいんだけってんで応援として寄越されたとか?

 一緒に戦ってくれるってんなら、そりゃ大助かりだわ。で、アンタ名前は?」


 女は答えず、クスッと微笑んだ。


「……?」

 微笑んだ女の左目の下に、さっきまでは無かった謎の模様のようなモノが浮かび上がっているのに気がついた。


 それはまるで一筋の涙のような。

 しかし、血のように赤い、紅い、涙の模様。


 俺の脳内が疑問だらけになった頃、女は漸く口を開いた。

「一緒に戦う?」


 その刹那――――


「あ……?」

 俺の腹部に猛烈な痛みが走った。

 ドクンと、心臓が脈打ったのを感じる。


 ゆっくりと視線を腹部へと下ろしていく。


「クスッ……その逆よ」

 刺されたのだ。目の前の、名も知らぬ美人な女に。

 しかし、これで確信した。


 この女も奇術師とかの類いだ。


 俺の腹を刺した凶器は、包丁とか、日本刀とか、そんなもんじゃない。

 女の手が、まるで刃物のように鋭利になって、俺の体を貫いたのだ。

 何だろう、俺の貫通技に似ている。


 しかし何故に俺が刺されなきゃならない?

 れいんの時と言い、新キャラが出てくる度に命狙われてんじゃねーかよ。

 ふざけんな、俺が何をしたってんだ。


 ズシャアアアア――――


 女が勢い良く、俺の腹から腕を引き抜いた。

 それと同時に吹き出る鮮血。膝から崩れ落ちる俺。


 朦朧とする意識の中、完全に思考が停止しようとする直前。

 確かに俺の耳は女の声を拾っていた。


「私は裏切り者の六条れいんと、あの子を私から奪った黒霧忍を消すタメに機関から派遣された刺客」

「刺……客……?」

「あなたが永く、決して終わることの無い良い夢を見れますように」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます