登場人物紹介

・黒霧 忍


姓は黒霧くろぎり、名はしのぶ。17才。

本編の主人公。口八丁。


捻くれた性格は初期教育の失敗によるモノなのか、それとも天性のモノなのか。


平気で女の子を盾にもするし、自分を補導した警察への報復としてイタズラ電話もかける。

年上相手に食ってかかったりもする。


永遠の反抗期と言えば聞こえは良い(?)が、彼はただ本能の赴くまま、好き勝手に生きているだけなので本人に悪気はない。

だからこそタチが悪いと言われればそれまでである。


一応、そんな彼でも義理堅い一面は持っていたりする。

もう一つ長所を挙げるならば、ボケもツッコミもこなせる柔軟性くらいか。


小学生の時に交通事故に遭い、以前の記憶を失ってしまった。

今は旧姓の浅葱ではなく、自身を引き取ってくれた黒霧の姓を名乗っている。



・六条 れいん


姓は六条ろくじょう、名はれいん。17才。

本編のヒロイン。

ある日、忍のクラスに転入して来た謎の転校生。

その口数の少なさは、好奇心から話しかけてくるクラスメートの心を折る程。


そんな彼女の正体は、対魔用殲滅師養成機関から派遣された吸血鬼専門のハンター。

主に剣術を得意とし、持ち前の身体能力で敵を翻弄する。


ひょんな事から忍と行動を共にするようになったが、

それ以前は初対面の忍に会うなり命を狙ったり、何故か常に命令口調だったり、人の家に土足で踏み込んで来たりと、

性格面だけを見ると忍に引けをとらないくらいタチが悪い部分がある。

そんな似た一面があるからこそ、二人のコンビは成立したのかもしれない。


見かけによらず、食欲は旺盛。



・浅葱 薫


姓は浅葱あさぎ、名はかおる。15才。

浅葱邸に住む、忍の実の妹。

おかっぱ頭に和服。そして病弱もやしっ子。

今こそ出番はあまりないが、作品内で一番の存在感と言っても良いくらいフックだらけの女の子。


浅葱の奇病に悩まされる日々を送っており、自分が加害者になる事を恐れ中学校を中退した。

親身になって良くしてくれる専属医師の葉月を慕っている。


忍が戻って来るまでは大人しい性格であったが、忍やれいんと同居する様になり以前の明るさを取り戻した。

実家に帰って来たばかりの忍に向かって「変態野郎」と言ってのけたり、れいんの同居をすんなり受け入れたりと、相手が誰でも直ぐに打ち解けられる社交性の持ち主でもある。


しかし、それも虚しく空気の様な存在になる事もしばしば。

そればっかりは彼女のせいではなく、これを書いている人のせいである。


ちなみに、普段は病弱だが時には忍の良き相談相手にも。


未だ多くが謎に包まれた浅葱の全てを知る人物であり、もしかしたら物語のキーパーソンかも知れない。


補足としてはトランプが無駄に強く、勝負パンツを所持している。



・橘 友真


姓はたちばな、名は友真ゆま。15才。

薫の学生時代の唯一にして無二の親友。

頭脳明晰スポーツ万能。


薫が退学してからも浅葱邸に料理を作りに来てくれたり、何かと面倒を見てくれる女の子。

彼女の料理はシェフ顔負けなハイレベルなモノばかりで忍達に大人気。

豊かな食生活が彼らの日常を支えていると言っても過言ではない。


忍の事が何かと気にかかっている様ではあるが、本人もこれが恋なのか、それとも何か別の感情なのかは判っていない。


高校進学はしないような事を仄めかしたりと、家族とはあまり上手くいっていない様子。

そんな彼女にとって浅葱邸は凄く居心地の良い、第二の我が家のようなモノなのだろう。


ちなみに、作中で唯一忍達の正体を知らない真人間・亜種である。


と、特にこれ以上語る事がないくらい普通な少女。


補足も現段階では特になし。



・葉月 前


姓は葉月はづき、名はぜん。27才。


黒縁メガネに白衣がトレードマークの現役医師。

薫の専属医師にして、両親の居ない忍や薫の保護者役。


しかしその正体は天界に帰る事が出来なくなった神様。

元々はちゃんと使えた魔法も、私利私欲のタメに使ったが故に今は殆ど使う事が出来なくなってしまったらしい。


薫の専属医師となる前は、対魔用殲滅師養成機関の医療施設で働き、れいんとも顔馴染みであった。


いつも笑顔を振りまいており掴みどころがない。

色々と裏の事情を知る人物であり、その私生活も謎に包まれている。


現状判っている事は、車好きで走り屋。

湾岸ではなく、【県道の黒い怪鳥】と呼ばれている。


ラスボス吸血鬼を倒した際の報酬として、“願い事をなんでも一つ叶える”と言う条件を提示し忍の射幸心を煽る等、忍の扱いにも慣れてきた模様。



・犬神 咲羅


姓は犬神いぬがみ、名は咲羅さくら。16才。

極度の心配性で、巷ではクイーン・オブ・ネガティブの異名を持つ忍のクラスメートにして彼女。

長所はあの忍と付き合っていられるのだから、人の良い部分を人一倍見つけることが出来る。

のか、悪い部分をも受け入れられる器が大きいのか、はたまた悪い部分に気付いていないだけなのか。それは本人にもわからない。


ちなみに、忍とはまだキスもしていないプラトニック状態。


実家は小さな神社を経営している。



・神童 一


姓は神童しんどう、名ははじめ。17才。

忍のクラスメートにして中学校以来の悪友。見た目はヤンキーのような風貌だが、仲間想いのイイ奴。

惚れっぽい性格が玉にキズ。


ここだけの話、練ってるようで見切り発進の作品の為、掲載後に「犬神」「神童」と、忍の友達名字に「神」付きすぎじゃね?と気付かされたのは内緒の話。別にワン◯ースのDの一族みたいに何かの伏線と言うワケでは御座いません。



・佐久間 めぐみ


姓は佐久間さくま、名はめぐみ。17才。

忍のクラスメート。生徒達をまとめ上げる生徒会長にしてクラス委員。

その口の悪さは忍とタメを張る程。

トレードマークはトンボメガネ。



・担任


44才。独身。

教師達の間で「開校以来ここまで悪ガキだらけのクラスは初めて」と言われた忍達のクラスをまとめ上げる忍の担任。

数学担当であるが、本人は保健の方が得意らしい。


生徒達からは「担任」と呼ばれている。




・純志麻 千尋


姓は純志麻すみしま、名は千尋ちひろ。15才。

第二章・死亡遊戯にて忍達の前に現れたボス吸血鬼。

自分の子となる吸血鬼の声を聞き、自由に従える事が出来ると言う、吸血鬼の中でも珍しいタイプ。

彼本人の能力はとても地味な能力だが、何とも応用をきかせた戦い方をする。


吸血鬼になる以前は至って普通の中学生だった。

頭はズバ抜けて良く、テストで100点以外を取った事がないらしい。嫌味なヤツ。

しかし、様々な要因が重なったせいか性格は悪い。嫌なヤツ。


物事を歪んだ見方しか出来なくなり、遂には人の善意や好意を信じる事も出来なくなった。嫌なヤツ。


口を開けば長いセリフを言ったり、人を小馬鹿にしたような下品な笑顔を浮かべたり、かなり面倒で嫌なヤツ。

友達にしたくないランキングがあるなら、忍をも凌駕する程であろうか。しかしそれはまた別の話である。

ちなみに作者的にはお気に入りキャラであり、「チッヒー」なんて言う愛称で呼ばれたりと、なかなか優遇されている。


自分がこの世界の神様になるべく、世界中の人間を吸血鬼にしようと目論むが…



・カトゥー・ラルヴァロッサ


第二章・死亡遊戯にて千尋を吸血鬼にした元凶。

ボロボロの身なりに病人のような青白い顔色が特徴。

現状、その殆どが謎に包まれている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます