第二章・死亡遊戯

10月29日(火) プロローグ

 あらすじとしては先ほどの通りである。

 俺は誰の導きか現実離れした出来ごとの当事者となり、それによってどん底まで落とされたテンションの中、自称神様こと葉月前氏と遭遇。

 その葉月氏に連れられて、今は謎の日本家屋に居るって訳である。

 時刻は丁度午前0時を回った所だ。


「粗茶ですが」

 家内でかしこまりながら俺にお茶を勧めるのは、あの日、公園で出会った和服のこけし娘であった。葉月氏とはどう言った関係なのかは後にしよう。


「さて、これからの事だけど」

 と、葉月氏。今もだが、車の中からもずっとニコニコ笑顔を振る舞っていやがる。

 事態を知ってるとの事だが、何がそんなに楽しい。この無礼者め。


「失礼、この顔は生まれつきでね」

「……」

 俺は訝しげな顔で一瞥すると、ほとんど熱湯に近いお茶を啜りながら、雨で冷えた体を温めた。正直ちょっと薄かった。


「とりあえず本題に入らせていただきます」

 こけし娘は俺の気が少し落ち着いたのを確認すると、律義にも正座をして口を開いた。

 そしておかっぱ頭を揺らしながら軽く会釈し、

「突然で驚くこともたくさんでしょうが、どうかお聞きください」

 偉くかしこまった態度でそう言った。


「ふむ」

「今回のお話は聞いています。吸血鬼の黒霧家への強襲から、その一部始終を」

「……ああ」

 嫌なことを思い出した俺はお茶を飲み干し、とりあえずおかわりを要求した。ヤケ酒ならぬヤケ茶である。


「でわ改めまして、3つ、あなたには前もってお伝えしておきたいことがあります」

「3つもあんのか」

 俺は捻くれたまま、二杯目のお茶を啜る。ズズッとな。


「まず1つ目。単刀直入に言いますが、黒霧忍さん。あなたは私の兄です」

「ぶふーーーっ!」

 さすがに吹いたね。突然何を言い出しやがるんだ、この娘は。

 しかしこけしちゃんは心底真面目な面持ちだ。


「詳しくは後で。そして2つ目。あなたは吸血鬼です」

 またか。また吸血鬼か。どいつもこいつも人を吸血鬼吸血鬼って。

 もはや驚きの感情も芽生えない。今年のブームは吸血鬼で決定だな。


「これも詳しくは後で。そして3つ目。あなたにはここに住んでいただきたいのです」

「は?」

 思わず湯飲みから口を放し聞き返した。すると少女はさも当然のように、

「家族で同じ家に住むのは当たり前のことです。身寄りが無くなった以上、あなたにはここに帰ってきていただきたいのです」

 そう言った。


「……なるほどな」

 一方の俺はあぐらをかいたまま頷き、一度純度100%の、昔ながらの伝統を活かして建てられた日本家屋という、慣れ親しくない室内を見回した。そして問うた。


「別に構わんのだが。いや、むしろありがたいくらいの話ではあるんだが……マイハートはそう即座に新しい事を受け入れられる程簡単な作りじゃないんだ。あんな事の後だし、精神的にもボロボロな訳よ? 俺の傷ついた心のケアはしてくれるのか? こんな状態じゃ新しい環境に順応出来やしねぇ」

「それは……もう過ぎてしまったことです……」

 少女は身を小さくしながら答えた。まるで自分が悪いとでも言わんばかりに。


「いや、お前じゃねぇ。そっちの神様に聞いてんだ。この話を発案したのはあんただろ?」

 俺は未だにヘラヘラと笑みを浮かべたまま座っている、葉月氏を睨み付ける。


「えーっ!? 僕かい?」

 自分に話がフラれるとは思わなかったのか、自称神様はマスオさんさながらのリアクションと共に目を丸くした。


「おうともよ。あんたは神様なんだろ? 発案者なんだろ?  あんな事の後のこの話だ。俺の心をリフレッシュさせるくらいのことはできるだろよ?」

「そりゃぁ出来るけど……」

 神様は困ったようにポリポリと鼻の頭を掻く。それでも笑顔のままってのは、本当に生まれつきなのかね。


 とりあえず出来ると聞いた俺は極上の悪人的笑みを浮かべ、

「なら、莫大な富と名誉の一つでも頂けないもんかねぇ? そうすれば俺の傷ついたハートもコロッと元通りになれるだろうよ。そうだな、テスト免除の権限なんかも嬉しいな」

 不可能な事だとは判ってる。だが俺の心はそれでも癒えないくらいに深い傷を負ってるんだよ! ちくしょう!


 しかし、

「全部私利私欲な願いじゃないか。そういうのは禁忌だからなぁ……」

 と、神様。

「あぁん? 神様なんだろ? だったらそのkinkikidsだが何だか知らねぇが、気にしないで願いを叶えてくれよ~」

 と、小馬鹿にしながら俺。


「禁忌を犯すと僕の力が剥奪されてしまうんだよねぇ……」

「剥奪ぅ? 神様が誰に力を剥奪されるってんだ。一番偉い存在なら、そんなの気にする事ないじゃねぇか」

「そうもいかないんだよね……魔術の使用は神でも関係無しに監視されてるから」

 と、それが葉月氏の言い分である。

「誰によ?」

「おかしなことに、僕にも判らないんだ。これが」

 決定。この人は神様でもなんでもない。ただの嘘つき野郎だ。良い大人が自分の事を神様だとか言ってるんじゃねぇよ、恥ずかしい。


「別に信じる信じないは君の勝手だけどね」

「えふんっ……あなたにとっても、これは悪い条件ではないハズです」

 と、突然こけし娘(自称俺の妹)は咳払いの後、完全に脱線事故を起こした話を元の軌道へと修正した。

 ナイスだと褒めてやりたいね。このままだったら俺と葉月氏の討論だけで時間が過ぎていただろうだからな。


 ひとまず例の話に戻る前に、俺は喉を潤すため三杯目となるお茶を要求した。


「それでは――――」

「待ってくれ」

 少女が語りだした所で俺はソレを制した。気にかかる事があったからだ。


「確かに俺にとっては悪くない話だよ。しかし問題があるんだ。お前は俺の妹だと言ったな?」

 こくりと、黙って少女は頷く。


「実はな、俺には事故以前の記憶がないんだ。だからお前が本当に俺の妹なのかも判らん。大体、名前はなんだったっけか?」

浅葱薫あさぎ かおると申します。それについてですが問題ありません。こちらの葉月さんは現役の医師です。あなたが記憶を失っていようが、DNA鑑定をしてもらえばすぐに判る事でしょう」

「まじでか」

「まじです」

 満ち足りた顔で頷く薫(本当に妹らしいがまだ信じられん)。


 ここまで豪語するくらいだ。さすがに記憶喪失の俺を陥れようとしているって事はなさそうだが。

 しかし、例えDNA鑑定の結果上本当に兄妹だと判明しても、俺はどうする? 昔の記憶がない以上なかなかに居心地が悪いのではないか?


「いやぁ、こう見えても医者なんだよねぇ。はっはっはっ」

 と、薫(本当に妹らしいがまだ信じられん)に素姓を明かされ、俺の心境など知りもせずに照れながら笑う葉月氏。

 照れるな、気色悪い。


 しかし医者か。あんたの正体は医者だったのか。神の手を持つ医者ってか? それで神様か?

 ブラッ○ジャックかこの野郎。


 よくよく見れば、葉月氏は以前薫(略)と公園で遭遇した時に、突然現れて嫌がる薫(略)を拉致して行った男性に良く似ている。いや、あの時の人その物だ。

 むしろあの時の人より似ているじゃないか(?)

 そうか、彼女と葉月氏は患者と医者と言う関係だったのか。納得した。


「どうでしょうか」

「どうでしょうかと言われてもな。黒霧の家はどうなる? 俺からすればあの家は思い出がいっぱいなんだが」

 心からの意見だった。事故の後、記憶喪失になってからずっと生活してきた家なのだ。


 おばさんやおじさん。皆で笑いながら暮らして来た、全てを失った俺に残されたたった一つの帰る場所。

 今回の話に乗ると言う事は、それを捨てるという事だ。

 思い出も、何もかもを――――


「何もかもを捨てろと言う訳じゃない」

 重い口を開いたのは葉月氏だった。

「確かに黒霧の家には君の家族との思い出が詰まっているかもしれない。だけど思い出なんて言うモノは、形ではなく、自分自身の中に残るモノじゃないのかな? 君の心の、記憶の中に」


 いや、あんたは何も判っちゃいない。


「知ったふうな……口を聞くなよ……」

「ん?」

「不安だったんだよ……ッ! 医者には自分が記憶喪失だと聞かされて、前の家族の事なんて何一つ思い出せやしねぇ。どんな家だったかも、家族の名前も、声も顔も。何も判んなかったんだ! 手探りだったんだよ!! 黒霧が俺を引き取りに来てくるまでの毎日が!」

「忍くん、落ち着い――――」

 宥める葉月氏の言葉など今の俺の耳には届かない。

 俺は今まで言わなかった事を全て口にした。否、今まで言わなかったのではない。言いたくても言える相手がいなかっただけ。


 だが今なら言える。そんな気がしたから俺は――――


「なら、なんであの時迎えに来なかった!? なんで今更なんだよ!? もう前の家族の事なんてどうでも良かったんだ! 黒霧忍として、ちゃんと未来もあったんだよ!! なのになんで……こんな事になってんだよ……」

 あの時迎えに来ていてくれれば、少なくともおばさん達を巻き込む事は無かったのかもしれない。


 今さら、こんな時に迎えに来られても困るのは俺。

 息子を放っておいた前の家族の事なんてどうでも良くなっていた。

 積もりに積もった感情をさらけ出した俺は、魂の抜けた人形のように黙り込んだ。

 俯いた視線の先。畳の上に、大粒の涙が一粒落ちていった。


「……返事はまた明日聞くとするよ。詳しい話も、また明日にでも……ね?」

 葉月氏が言った。そして答えない俺を諭すように続ける。

「とにかく、今日だけで色々な事が押し寄せて疲れただろう。 今夜はゆっくり休んで気持ちを落ち着けるといい」

「あ、布団の用意は出来てます」

 薫も葉月氏に続いた。


「一応、二階の奥の部屋をあなたの部屋にと思っています。元は父の部屋だったのですが、今はまだ部屋の片付けが出来ていないので、布団だけで物が散らかった状態のままになってしまいますけど……」

 俺は答えない。ゆっくり休めるハズがないだろう。

 今日一日でいろいろな事があり過ぎた。大切な人が死に、俺も人の形をしたモノを殺し……訳が判らない。


「薫くんもそろそろ休みなさい。体調に響く」

「……はい」

 俺を余所に、葉月氏と薫は会話を進めていく。


 依然として動かない俺に薫は、

「そう言うワケですので、落ち着いたらあなたも二階へ。お茶、淹れときますね」

 それだけ告げて居間を去った。俺は注がれたお茶を無気力な目で眺める。

 これからの事なんて考えられない。どうすればいいのかも判らない。

 唯一相談出来そうだった、今回の当事者である六条ももういない。

 俺はいつの間にか、居間で泥のような眠りについていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます