海が太陽のきらり

作者 沢峰 憬紀