HANDS❅

ぴよ

プロローグ ver.朝木綾

雛❅あの日…りんちゃんと南津なつくんが出会ったのは必然だったの。



綾❅りん朝木綾あさぎりん

あやって書いて…りんって読む…

めずらしいでしょ?

よく変わってるって言われるの。

でもね、この名前意外と好きなのよ。



雛❅出会うはずのない二人が出会う時…抜け出せなかった時間がゆっくりと進み出す…



綾❅まいさん。南津さんの気持ち、想い、忘れてしまわないで…



雛❅綾ちゃんにならきっと…このシャボン玉がみえるはずだから…



綾❅…そんな!!だって!!南津さんはここにいる。触れられる距離に居る!!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

HANDS❅ ぴよ @obm910

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ