九字秘宝の神器

作者 本棚深雪

174

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文字数が多いことへの抵抗も感じさせないほどに、次々と溢れ出るストーリーの奔流。飽きさせないためのテンポよい流れのため、ここまで一気に読み進めることができたうえ、読めない時間も続きが気になってたまりません。
半妖の少女と神様という規格外のコンビネーションを、妖しくもコミカルに描く関係性は見ていて癖になります。また、お祭りや自然描写は、暗く幽玄な言い回しを強めることで、あやかしや神々のいる世界観であることを読み手に彷彿とさせてくれます。
これからもどんどん読み進めていきたいです。

★★★ Excellent!!!

文章のひとつひとつが美しく、色鮮やかな暗闇が紡ぎ描く物語です。
1話・また1話と読み進めるうちに誰もが物語に引き込まれていくのではないでしょうか。


暗闇に響き渡る和の響き。
恐ろしく残酷な描写ですら、美しく感じてしまいます。
今後の展開も楽しみでなりません。


★★★ Excellent!!!

独特に漂う空気感をありありと醸し出す文体が素晴らしいです。
地の文が物語を邪魔することなく、逆に引き立てていて読んでいて心地よい。
テンポも良く、掛け合いも面白いためついつい読み勧めてしまいます。
続きがとても気になるお話です。

★★★ Excellent!!!

テンポよく、物語が進んでいる印象です。
言葉の選び方がとても良く、イメージがしやすいです。
三人称なので、キャラクターのことが客観的にわかるので、印象的な設定もすっと入ってきます。
これから、どんな風に物語が進んでいくのか楽しみです。
頑張ってください。
そして皆さんもぜひ読んでみてください。