【初投稿1月目で(5000)PV!!】攻撃値が最弱だけど防御値が∞な勇者の異世界転生

作者 日比野クロウ

102

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

攻撃力をカンストさせたつもりがまさかの防御力カンスト……しかも馬車に撥ねられても死なないとはある意味不死身よりも最強かもしれませんね!
しかし出てくる女神がアホ……失礼、可愛いです。少し抜けてるぐらいがいいんですよ、ええ!

これからの展開に期待です!

★★★ Excellent!!!

シンプルかつ物語の情景が一発で見えてくるのは、やはりダラダラした文章が全く存在しないからでしょう。

物語は異世界物。定番の定番である不慮の事故で死んでしまい、女神と契約して異世界に転生することになったとても生意気な中学生である主人公ケイは、攻撃力∞にこっそり書き直したはずなのに、まさかの手違いで「防御力」の方で転生してしまうことなるのだが……。

ケイの捻くれた性格。
中学生ながらに頭が回るこの主人公の過去にとても興味が惹かれるのは私だけでしょうか?

気になる、気になるが止まらない作品ですので、ぜひご覧ください!

★★★ Excellent!!!

まず第一に読みやすいです。すっと物語に入って行けます。
契約した女神が、なんとドジでバカでアホなんです。この女神と主人公(15歳の中学生)とのやりとり、笑えます。
二週間で2700PVというのも、納得できます。
まだ物語は始まったばかり(多分)、今後の展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

不満、重圧、苦痛、過度のストレス…
そんなのに押し潰されそうになった人は、発狂する前にこの小説を読め、そして黒く笑え!!!!

主人公は、クソな現実に包まれてひねくれたガキに育ち、そのまま異世界に転生した中学生。
それがタイトルにもあるように、最弱の攻撃値と最大の防御値を手に入れる。

あとは読んでのお楽しみだが、何にも傷つけられない肉体をフルに活かしてやりたい放題!

「善意?それって食えるの?死ね」的な、幼稚かつ狡猾、加えて残酷至極な行動描写、軽快なブラックユーモアは魅力。

やや読み手を選ぶ作品ではあろうが、(最新話の七話まで読んだ時点で)今後も面白くなりそうだ。何気に伏線ぽい表現も多いし。

印象深かったのは、あるお話での主人公の台詞。

「どうやら俺は……まだ心だけは人間らしい」

さて、この言葉が鼻で笑い飛ばせるような漆黒のラストにまとまるか?それとも心にしみるような結末を迎えるか?

日常に鬱屈したる人、必見!

★★★ Excellent!!!

現在連載中の異世界ファンタジーです。
女神様のポンコツっぷりと、主人公キジマ ケイの正直でブラックな行動力に呼ばれる笑い。

今後どのような展開となっていくのか、多彩な楽しみが詰まっている物語だと思います。

キジマ ケイが今後どのような成長を見せてくれるのか。
私としては正直でブラックな行動力が、ブレずにいてほしいところですが……果たして……?

★★★ Excellent!!!

 超駄女神様がめちゃ可愛いです。
 作品の内容としては、異世界転生ものですが、シンプルに笑えるギャグが散りばめられており、所々でニヤッとしてしまいました。
 メタルホースに蹴られに行く主人公、新手の当たり屋かな??笑
 最後に一言、この残念な駄女神様に祝福を!

★★ Very Good!!

話のテンポの良さ、ギャグの面白さなどの「ギャグコメディ」としての面白さは光るものがあると思います。

「小説」として見るのであれば、語彙や誤字(140メートル「代」ではなく「台」)があったりするのでイマイチかと思います。

ギャグを考えるのは普通の話を作るよりもとても難しいです。それを作れるということは自信を持っていいと思いますよ!

★★ Very Good!!

呪文の内、状態変化系の魔法に弱くて即死呪文や変身系の呪文でステータス変化の後に潰される奴では…?

素晴らしい防御力だ! 病気で死ね!
素晴らしい防御力だ! 飢えて死ね!
素晴らしい防御力だ! 乾いて死ね!
素晴らしい防御力だ! 息が出来ずに死ね!

素晴らしい防御力だ! 死ぬことすら出来ず絶望の中で生き続けよ!


敵の機転に希望を託そう。