第52話 山崎救出作戦

 二週間後の土曜早朝、済は吉井と一緒に群馬へと向かっていた。アパートから出勤する山崎を確保できるかもしれないと考え、東京のレンタカー屋でデミオを借りて金曜深夜に出発したのだ。関越自動車道を北上し、夜が明けるまでサービスエリアで休憩した後、Aインターチェンジを降りてY町に向かった。Y町は面積の七割が山地という山間の町で、麓の町役場と商店街を通り過ぎると、どんどん山に入っていく。役場から三十分ほど走り、山道に入ったところで一度車を停め、念のためダミーのナンバープレートを付けた。さらに三十分ほど走ったところで、ストリートビューで見たあのアパートが見えてきた。少し離れた空き地に車を止め、双眼鏡で出入りを見張ることにした。


 運転の疲れはまだ完全に取れておらず、仮眠をとりながら交代で見張る。午前八時頃、吉井が見張る番になると、十人ほどがぞろぞろとアパートを出て山道を登って行った。工場に向かうのだろう。一時間して済に交代した後も数人が出て行き、その後吉井に交代すると人の出入りはなくなった。ここまでで山崎の姿は確認できていない。


「十時か。日勤ならもう働き出してる頃だな。どうする?」

「出てくるとすればあとは夜勤か。大分時間があるな。その前にまず、工場を見てみるか。」


 車を空き地から出し、山道を上ると、見覚えのある門があった。「株式会社 購買製造」だ。こちらには守衛がおり、近くに車を停めていると確実に怪しまれそうだ。結局、山の上のほうに車を停め、ギリギリ双眼鏡で敷地内が見える距離で様子を伺うことにした。小柄なほうがいくらかバレにくそうということで、吉井が車に残り、済が監視をする。二十分ほど粘ってみたが、人の出入りはほとんどなく、山崎の姿も見えなかった。


 結局工場でも収穫はなく、さっきの空き地に戻ることにした。サービスエリアで買ってきたパンやおにぎりを食べ、休んでいるうちに二人とも眠ってしまった。


 ◇


「おい、おい起きろ!」


 吉井に体を揺さぶられて目が覚めた。時刻は午後四時を過ぎたところで、既に日が落ちかかっている。吉井は済を起こしながらも、双眼鏡でどこかを見ていた。


「んん?どうしたんだよ。」

「山崎がいるんだよ!」

「マジかおい!」

「俺が先に行って話をするから、お前は車で追いかけてきてくれ!」


 吉井はすぐに車を飛び出し、山道を駆け下りていった。体型はぽっちゃりしているが、元ラグビー部だけあって足は速い。双眼鏡で見てみると、確かに吉井が走って行く先にジャンパー姿の山崎がおり、アパートへの道を上っていた。敷地まであと二十メートルというところだろうか。走ってくる吉井を見てかなり驚いた様子だったが、二言三言で話は付いたらしく、吉井がこちらに手を振った。


 すぐに車を出して二人に近づくと、吉井が全力で後部ドアを開き、山崎と滑り込んできた。その後、どういうわけか山崎は後部座席の下に横になり、吉井は座席の間を無理やり移動して助手席に収まった。


「久しぶりだな山崎、ってどこに入ってるんだよ!」

「山のあちこちで見張られてるんだよ!外から見えないようにするにはこれしかない!礼は後でするが、山を降りるまで気を抜くなよ!」


 山崎の口調は真剣で、思ったより危ない状況になっているらしい。とはいえ、そんなに大したことはできんだろう、と済は高をくくって運転していた。しかし、すぐにそれが見くびりであることが分かった。十分ほど山道を下っていると、非常灯と警察官が目に入った。どうやら検問をやっているらしい。


「何でこんなところで検問なんかやってるんだ?」

「それは警察じゃない!あいつらだ!とにかく走れ!」

「はあ?」


 済が状況を飲み込めずにいると、吉井が「こんなこともあろうかと!」と言いながら後部座席から何やらゴーグル付きのヘルメットを取り出した。


「お前それ!」

「暗視ゴーグルを買っておいて良かったぜ!ワタル、確かにあいつらが着てるのは警察の制服じゃないぞ。ただの警備員みたいだ。」

「そんなこと言ってもこれ、どうすりゃいいんだよ!」

「このまま突破するしかない!!腹を括れ!」

「くそっ、こうなりゃヤケだ!」


 警備員が道の真ん中で誘導棒を振っていたが、構わず進んだ。車がスピードを落とさないのに気付くと警備員は慌てて道の脇に引っ込み、間一髪で突破することができた。


「ふう、危ない……。」

「まだ気を抜くなよ!」


 さらに二十分ほど走ると、吉井が何かに気づいて声を上げた。


「今度は女が立ってるぞ……おいおい、あれ、銃じゃないのか!?」

「あいつらが持ってるのは改造エアガンだ。実銃じゃないが、当たったらかなり痛いぞ。」

「全く、敵にとって不足ない奴らだな!」


 吉井がまた何かいじっている雰囲気があったので助手席を見ると、今度はエアガンを準備していた。自衛隊が使っているアサルトライフル、89式小銃を電動エアガンにしたものだ。


「後ろに色々積みすぎだろ!」

「なに、任せとけって!」


 吉井は嬉しそうに89式小銃を構えると、フルオートで女を狙った。

 ※本当は人に向けてエアガンを撃ってはいけません!


「よっしゃ当たったぞ!!」


 女が倒れこんだ脇を全速力で飛ばす。その後も、プラスチックの柵を突破したり、後ろから着いてくる車を巻いたりと生きた心地がしなかったが、何とかY町を脱出し、東京に帰ることができた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます