第26話 済、イッチーを尾行

 人を紹介するというLINEに対する市村の反応は速かった。小山内と陽子が見る前でLINEした後、五分と経たずに返事が帰ってきた。


「また紹介して下さるんですか!ありがとうございます!来月ならこれから調整可能ですので、よろしくお願いします。一週目の土曜夜なんかいかがでしょうか。」


 早速返ってきましたよ、と二人にスマホの画面を見せる。この日程で問題ないことを確認すると、すぐに返事を送った。


「はい、大丈夫です。よろしくお願いします!ちなみに今回はベンチャー企業に勤める女子です!」

「おおー活発そうでいいですね!あ、そうだ今月のオタク飲み会来ますか?来週水曜日にあるんですよ!」


 日程調整ついでにオタク飲み会への誘いが来た。一瞬悩んだものの、ある考えが浮かんだため参加することにした。


「いいですねー、是非参加させて下さい!」

「ありがとうございます!それじゃ、後で詳細送りますね☆」


 ここまでのやりとりを見て、カモへの食いつきが凄いですねと小山内は苦笑いしていた。陽子はモデルになる会社を探しておくわ、と早速戦闘モードだ。再度作戦開始の乾杯をした後、三人は解散した。


 ◇


 翌週の水曜夜、済は駒込駅にいた。オタク飲み会では駒込のレンタルスペースがよく使われるため、何度となく通ううちに、普段絶対に降りないにも関わらず土地勘が付いた。今回も前と同じレンタルスペースだったため、道は把握している。焼き鳥屋やラーメン屋、八百屋などが並ぶ商店街は地元の人で賑わう。ここを抜けると会場なのだが、すぐには入らずカフェかコンビニがないか探す。今回わざわざオタク飲み会に参加したのは、何もオタク話がしたいからではない。飲み会終了後、主催三人の後をつけてみようと思ったのだった。済の推測でいくと、三人とも同じシェアハウスに住んでいるはずだ。主催は参加者を帰した後に撤収するのが毎度の流れだったので、終了後に彼らが出てくるのを待つ必要があった。幸い、会場から少し離れたところにコンビニを発見した。立ち読みしながら様子を伺えそうなことを確認し、会場に入る。


 オタク飲み会が行われるレンタルスペースは最大二十人が入れる程度の広さで、開始少し前だったが既に十人以上入っていた。毎度の参加者数を考えると、これでほぼ全員揃っているはずだ。受付はターリーで、少し気まずく感じたものの対応は普通だった。あまりに多くの人間を相手にするので、一人一人のことまで覚えていないのだろう。脱会者にLINEの友人リストを見せてもらったことがあるが、知り合った日と名前がアンダーバーで繋げられたものが大量に並んでおり、友人一覧というよりは案件一覧のようだった。今回誘われたのも不思議ではあったが、飲み会にだけ呼ぶカモリストに入ったのだろう。会費を多めに回収することによる差分が彼らの収入源になり、ひいては「自己投資」として師匠の懐に入ることとなる。


 飲み会では酒を控えめにし、周囲の様子を探る。顔見知りになった常連が何人もいるが、彼らもサークルの人間なのだろうか。特に、知り合いを誘っている常連は怪しい。一般参加者と話したいところだったが、今回の目的は主催についての情報収集だ。早速市村に話しかける。


「イッチーさんお久しぶりです!また誘って頂いてありがとうございます!」

「こちらこそ来て頂いてありがとうございます!この間は吉井さんを紹介頂きありがとうございました。今は大阪の師匠のところで勉強を始めたみたいですよ。」

「ええ、本人も喜んでました。今度また人を紹介するのでよろしくお願いしますね。今度は東京の子なので。」

「いやー、何度も紹介頂いてありがとうございます!楽しみにしてます☆」

「ところで、このレンタルスペースを使われることが多いですねー、皆さん家近いんですか?」

「いえいえ、単に安くて使いやすいだけで。主催は三人とも、亀戸に住んでるんですよ。」


 三人とも亀戸住み……。やはり推測は当たっているのか。何としてでも今日は尾行しなくては。


「イッチーさん、土日忙しそうなのに調整してもらってありがとうございます。」

「昼は勉強会があるんですが、夜は大丈夫ですよー。」


 土日は勉強会。セミナーのことだろうか。


 あまり突っ込んで聞いても怪しまれるかと思い、その後は他愛もない話をして時間を潰した。やがて終わりの時間になると、撤収時間を厳守しなければといって会場を追い出される。済も素直に従い、来た時に目をつけていたコンビニに入った。立ち読みのふりをして会場の様子を伺う。十分ほどすると、他の常連も連れて主催の三人が出てきた。やはり彼らもグルだったのだろうか。集団はそのまま駅に向かったため、済も後をつけた。尾行は難しいかもしれないと心配していたが、徒党を組んで歩いているので着いていくのは難しくなかった。


 集団は駒込駅に入ると、山手線で秋葉原に向かった。秋葉原駅で降りると総武線のホームへ行き、千葉方面に乗り換える。数分乗って降りたのは……済の推測通り、亀戸駅だった。


 集団は駅の南側に出てしばらく歩き、首都高速の手前で右折した。そこからさらに五分ほど歩くと、古ぼけた三階建てのアパートに吸い込まれていく。済は外観の写真を撮影すると共に住所を控えると、すぐにその場を立ち去った。


 ◇


 亀戸から中野に帰り着いた時には、日付が変わりかけていた。済はネットで確認したいことがあったのだが、実行するには時間切れだったため、その日は素直に眠った。


 翌日、仕事を定時で切り上げた済は、帰宅するとすぐに「登記情報提供サービス」のホームページを開いた。これは法務局が提供しているサービスで、不動産登記や法人登記の情報を取得することができる。ウェブサイトは個人でも利用することが可能で、特定作業の際には動かぬ証拠に繋がることがある。各種情報をPDFでダウンロードすることができて便利な半面、平日午前八時半から午後九時までしか使えないという欠点もある。済はニューブリッジ調査の際に利用することがあるかもしれないと思い、利用登録を済ませていた。


 サービスにログインを済ませ、メニューから不動産請求を選択する。住所を入力し、種別は建物、請求内容は「全部事項証明書」と選択する。全部事項証明書というのは、過去から現在までの記録が全て記載されたもので、通常であればこれを取得すれば良い。証明書のPDFをダウンロードして開き、権利部を確認する。最新の所有者の欄にはこう書かれていた。


 所有者 東京都江東区X丁目X番X号 越島隆弘


 間違いない。あの古ぼけたアパートは越島隆弘の所有物件だ。この建物がシェアハウスになっており、主催者達が暮らしているのだろう。タケシの時と全く同じだ。また一つ爆弾ネタが増えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます