僕たちの青春は闇と共に

作者 ゴトウ

197

75人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 最初ら辺の話を読んだ時には「登場人物の間に何があったんだ」と思いますが、物語を読み進めていくにつれてその疑問が徐々に解明していきます。(僕の中では)あまり見ないタイプの進め方で、この作品の面白さの一つのポイントにもなっていると思います。
 タイトルにも「闇」とある通り、登場人物たちには何かしらの複雑な感情を抱いています。それぞれの抱える苦悩に悩み、最終的には解決する。少年少女たちの一つの成長がこの作品の一番面白いポイントだと思います。




 twitterの企画にて応募を貰ったので読ませて頂きました。感想の投稿が遅れて申し訳ありません。

★★★ Excellent!!!

タイトル通り、学生生活に纏わる「闇」のメンタリティに共感できるかが鍵ですね。
共感できる人であれば、センシティヴな情感を味わい深く受け容れられると思います。

そういう意味で、ちょっと人を選ぶかな?

でも、そういうメンタルにシンパシーを抱ける人は、グッとハマれると思う。

★★★ Excellent!!!

この物語は四人の視点で描かれており、その視点が変わるたびに書いている作者が別の人かと思うぐらいに雰囲気が変わる。作中のテーマに添うのなら、冬から春へ、春から夏へ、夏から秋へ、そして秋から冬へ変わっている。

時間系列も振り返る形式で、巧みな伏線回収が目立つ。ちょっとしたセリフであったり記述が伏線となって、続きを読んでいると伏線が回収される。物語の完成度の高さを感じた。

これからの季節の変化と伏線回収が楽しみだ。

★★★ Excellent!!!

不登校になった少年がいた。
不登校にさせた少女がいた。

親友の好きな人を好きになった少年少女の心の闇を見せた本当の青春とは言わず「闇春」と名付けたい。 

心理描写が滅茶苦茶上手いです!
中学生らしい一面も見せつつも、大人なら簡単に解決できそうなものを読者を「もっとこうしたらいいのにーっ」ってなる、独特の距離感を持つ物語だと感じました!

伏線の立て方も上手く、読者を引き込む力ある作品です!
彼らの青春ならぬ「闇春」をぜひご覧あれ!!

★★ Very Good!!

学生ならではの心理描写がとてもリアルで、彼らの好意が複雑に絡み合う部分が一種のドラマを見ているような気さえしました。
確かにこれは彼女たちの深い部分……闇を見ているような気がします。文章も読みやすくて、ページを進める手が止まりません。
混ざり合う想いの先に何が待ち受けているのか……その結末は是非見届けるべきです。

★★★ Excellent!!!

この物語はとある中学生4人が自分達の闇と共に青春を過ごすものです。ある者は、好きな相手を不登校にさせる。また、ある者は、好きな人からの言葉が原因でスランプに陥る。そんな「恋」によって、人生を大きく傾けてしまったのです。

一番の魅力は、心理描写の巧みさでしょうか。非常に綺麗な文章で、重い空気感を描き切ります。「もっと上手くいかないものかな」という思春期特有のもどかしさが自然と入ってきます。個人的な意見ですが、それは作者が高校生だからというのも大きいのかとも思いました。

それにしても、この作者は人の感情を揺さぶるのが上手いです。他の作品も読むとわかると思います。なので、今回のも、そうだと思っています。今はまだ伏線いっぱいで、物語としては点の状態ですが、4人中3人目となり、謎の少年、大神氏もだんだんと見えそうである、この現状、きっと、全てが明かされ、点が線で繋がったとき、一気に心を動かすのではないかと期待しています。

一緒にこの小説を読んで、揺さぶれるその瞬間まで待ちませんか?