僕たちの青春は闇と共に

作者 ゴトウ

84

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

学生ならではの心理描写がとてもリアルで、彼らの好意が複雑に絡み合う部分が一種のドラマを見ているような気さえしました。
確かにこれは彼女たちの深い部分……闇を見ているような気がします。文章も読みやすくて、ページを進める手が止まりません。
混ざり合う想いの先に何が待ち受けているのか……その結末は是非見届けるべきです。

★★★ Excellent!!!

日記風に綴られるこの物語は、
語り部が変わり、それぞれの関わり、思いが交錯する。
勝手なイメージで、少人数で主人公、語り部が入れ替わるような、舞台を観ている感覚で読ませていただきました。
若さ故の短絡的な考え方、行動が切なくもあり、羨ましくもある。
そんな気持ちになりました。

★★★ Excellent!!!

この物語はとある中学生4人が自分達の闇と共に青春を過ごすものです。ある者は、好きな相手を不登校にさせる。また、ある者は、好きな人からの言葉が原因でスランプに陥る。そんな「恋」によって、人生を大きく傾けてしまったのです。

一番の魅力は、心理描写の巧みさでしょうか。非常に綺麗な文章で、重い空気感を描き切ります。「もっと上手くいかないものかな」という思春期特有のもどかしさが自然と入ってきます。個人的な意見ですが、それは作者が高校生だからというのも大きいのかとも思いました。

それにしても、この作者は人の感情を揺さぶるのが上手いです。他の作品も読むとわかると思います。なので、今回のも、そうだと思っています。今はまだ伏線いっぱいで、物語としては点の状態ですが、4人中3人目となり、謎の少年、大神氏もだんだんと見えそうである、この現状、きっと、全てが明かされ、点が線で繋がったとき、一気に心を動かすのではないかと期待しています。

一緒にこの小説を読んで、揺さぶれるその瞬間まで待ちませんか?