詩集 避けられぬ日常の始まり

作者 Yuuyou

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

僕は詩のことがよくわかっていません。でも、ド素人の考えを言わせてもらうなら……

たぶん、詩は作者さんの心の内を赤裸々にさらけだす行為だと思います。また、物語と比べると文量が少ないのも特徴ですね。
限られた言葉で心をさらけだすには、適切な言葉選びがなりより大切なはずですが、この詩集の作品はそこが長けています。だから、言葉が心に染みいってきます。そのままこびりついて心に残ってしまうことも。

ぜひ、Yuuyouさんの心の中をのぞいてみてください。

★★★ Excellent!!!

詩ってすごいですよね。

少ない言葉で世界を広げなければならない。小説であれば細かく説明できるところも、詩の場合は一文二文で表現する。

多分、解釈に正解なんてないんだと思います。書き手の人と自分の考えが違ったとしても、それは間違いではない。私達に作品を補完する余地を与えてくれるのが詩というものなのかなって思いました!

一話一話がそれほど長くない文章量で構成されていたため一気に読むことができたのですが、読み終えた後はセンチメンタルな気分になります。今まさにそうです。

擬人化や比喩が見事としか言いようがないです。どうしたらこういう発想が湧くのか頭の中を見てみたくなるレベルで。

一読の価値は十分にあります!表現の仕方や心情のあらわし方など勉強になる部分が多々ありました!

秋の夜長に読んでみてはいかがでしょうか?