「菫」

「すみません、今日のおやつ……はなくて、これです」

「西洋の茶、こうちゃではないか。……まさかこれだけか?」

「いえ、これも」

「角砂糖? 妾を馬鹿にして「ません。紅茶に入れてみて下さい」


 不満そうな顔をしつつ従ってくれる彼女。何の変哲もない紅茶の中、角砂糖が溶けてひらいたのは。


「これはすみれか?」

「はい。庭で摘んだ菫を角砂糖の中に入れてみました」

「粋なことをするではないか!」


 彼女は満足そうにカップを揺らした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます