「桜餅」

「今日の八ツはなんだ? 家畜」

「今日のおやつは道明寺の桜餅と新茶です。いやぁ春ですね」

「おぉ道明寺か。妾の好物ぞ」

「知ってます、私の職業お忘れですか?」

「……よくやるものよな」


 呆れたように畳の上に座る彼女のために用意したと言うのに失礼な。

 ぴったり3時に黒い雷で現れ、桜餅へと手を伸ばした彼女に、準備していたお手拭きで拭いてから。

 葉をのけてつぶつぶのそれに思いっきりかぶり付いた八重歯が可愛い彼女だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます