「カクテル」

「カクテルはいかがですか?」

「かくてる」

「西洋の混ぜ酒ですね。いろんな種類があるので、お試しに一つ作ってみましょうか」


 家にあるバースペースで、夜。退屈そうにしていた彼女のため、情報屋で昔とった杵柄を活用して出来上がったのが。

 ロブロイである。


「うむ、美しい琥珀色だな」

「どうぞ」


 カクテルグラスを彼女の前に置き勧める。一口で飲み切った彼女は、私に頭を屈ませると。


「愛いことよな」


 と言って優しくなでてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます