知らない間に彼女がいることになっていた

作者 狐雨夜眼

付き合う、付き合わないを分けるものとは

  • ★★★ Excellent!!!

いっそのこと付き合えよ!

と、第三者が主人公とヒロインに言う。もしくは、読者がそうツッコミたくなるような展開。それらはひとつのテンプレである。
しかしそれをメインに、ここまで重点的にやった作品にはなかなかお目にかかれない。

ヒロインの先輩は、どんどんとポンコツ化したり、煽り態勢がなくなっていく。

主人公は、ちょっとヤバいぐらいの鈍感さに磨きをかけていく。

付き合っていると回りにも認識され、そして実際に友達以上の逢瀬を重ねる彼らにとって、付き合うとはどういう意味を持つのか?

その答えは、きっと今後の彼らの掘り下げによって明らかになっていくことだろう。



また、シーン単位のタイトルに連番がなく、『真』や『極』などの文字で続いていくのも、独特で面白かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@nora_gaeruさんの他のおすすめレビュー 8