思い出日記

AOAO

わからない

君のかいた詩を見た時

自然に涙が出てきて

想いがこもってるんだなって思った

人に感動を与えられる君はすごい

それに比べて僕はどうだろう

いつも歌にすることしか考えていない

文字数がどうのこうの

こっちのほうが雰囲気が出る

それだけで想いはこもらない

誰かに感動を与える詩など

一つもかけていないじゃないか

僕は何かが欠けてしまった

少しも思いがこもっていない詩のほうが

明らかに多い

悔しい

もっと感動できるようなものをかきたい

その考え方がもう間違っているということには気づいている

感動させたいと思ってかいても人の心は動かせない

本当の心と本当の自分と

素直な心と素直な思い

それらが僕には足りていない

どうしたらいいか

もうわからない

一つだけわかることがある

それは 僕には人の心を動かす力が無かったということだ

一つでいいから

想いをそのままにかいてみよう

文字数だの雰囲気だのはどうでもいい

想いを

そのままの気持ちを

素直にかいてみよう

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます