暖かな春の日

川沿いの桜の下を歩いている時

どうやって君と手を繋ごうかと考えていると

君から手を差し出してきた

同じことを考えていたんだなって思って

とても嬉しい気持ちになった

僕はその手を照れながら握った

手を繋いだのは初めてで

少しぎこちないけれど

たしかに手と手が繋がれていて

手も心も暖かくなった

君の温度が手を通して伝わってくる

同じように 僕の温度も君に伝わってゆく


暖かな春の日

温かな君の手


途中で恥ずかしくなって離してしまったけれど

今でも僕の手は君の手と繋がれているみたい

君の温度が今も残っている

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます