第4話 兄弟勢揃いだな

「……うああああ……。頭痛ぇ……」


 昨日の成人の儀を終えた俺は絶賛2日酔い中だった。


「だから無理しなくていいって言ってるのに……」

「アラン、お前分かってねぇな。早く行かなきゃ解決しないかもしれないデカい案件だぞ?2日酔いになんて負けてられるか」


 神界中の国を全て回って情報を集めるということは相当な時間がかかる。だらだらしていられないのだ。


「とりあえず、税管理の仕事を……」

「あら?シアノ?」


 ズキズキと痛む頭を手で押さえながらアランと廊下を歩いていると、前方から俺の名前を呼ぶ声が聞こえた。その声を聞いて俺は反射的に「うげっ…」と言ってしまった。に対してアランは嬉しそうな顔で「あっ!」と言った。俺の反応を見て、視線の先にいる声の持ち主が俺に向かって不機嫌に言う。


「何よ、うげっ、て。姉に対してそれはないでしょう」


 俺の声を女版にしたような声。俺と同じ淡い青色の髪とをしていて可愛らしい面持ちの女。俺はそいつの顔を睨んで返答する。


「姉っつっても『双子の』だろうが。偉そうにすんな、レイシア」


 そう言う俺とは対照的にアランは頬をほんのり赤く染めてレイシアに挨拶する。


「おはようございます、レイシア様」

「おはよう、アラン。ていうか、幼なじみなんだからシアノと3人の時は敬語いらないって言ってるでしょう。……朝からバタバタしてたみたいだけど、大丈夫だった?」

「あっ、はい…。大丈夫だったよ。……ありがとう、レイシア」

「なら良かったわ」


 俺と瓜二つのこの女はレイシア・ラル。可愛いのだけは認める。まるで作られた人形のように可愛い。そんなやつと顔がそっくりなのだ、可愛いと言われるのは必然だけど、俺は可愛いって言われるのは嫌なんだ。あと、上から目線と姉貴面うざい。

 それから、基本、俺たち3人でいる時はアランは敬語は使わない。

 そして、レイシアの名前だけは何故か呼び捨てにはしない。小さい頃は呼び捨てだったけど、10歳を過ぎた辺りから様呼びのまま。

 ……だったんだけど、呼び捨てに戻ってる。何かあったな。あとでアランに洗いざらい聞くとするか。


 アランがレイシアの笑顔にやられている間に俺はレイシアに父が彼女に頼んだ俺の仕事の事を訊いた。


「ちょうど話があったんだ。俺の仕事、回ってきたろ?」

「税管理の事ね。オスカと分担しようと思って彼の部屋に行ってからアンタに報告しに行こうと思ってたのよ。まあ、アンタに先に会っちゃったから、色々聞いてもいいかしら?」

「……いいけど、オスカもいた方が良くないか?」

「僕ならここにいるけど……」

「「「うわぁあああああ!!!!!??」」」


 突然に聞こえた声にアラン、レイシアと俺は大声を上げる。それに吃驚びっくりして申し訳なさそうな声で俺たちを驚かせた犯人が謝罪する。


「ご、ごめん。シアノ兄さんたちを驚かせるつもりはなかったんだけど…結果的に驚かせたから僕、し……」

「うわぁあ!!オスカ、それ以上言うな!ちょっ、丁度よかった。税管理の事で話があったんだ」


 この影のブロンズ色の髪が右目を完全に隠している少年は俺とレイシアの二つ下の弟・オスカだ。根は物凄く優しい男の子なのだが、ある欠点がある。それは………。


「税管理…。レイシア姉さんとやるヤツだよね。………父さんは僕にも頼んだけど、僕がやったらきっとヘマしてレイシア姉さんに迷惑を掛けること間違い無しだよ。税管理だってシアノ兄さんが今まで一人でやってきたものをレイシア姉さんだけが受け持つならいいんだろうけど、僕が加わったら計算ミスが沢山発覚して正確に管理できない可能性だってあるじゃないか。いや、それ以前に僕という存在はこの世界で必要無いんじゃないか?こんな何の取り柄も無い僕はこの世界にいるだけで申し訳ないよ。今すぐ消えてなくなりたい」

「「「わぁああああああああ!!」」」


 オスカの言葉に再び俺達三人は大きな声を上げた。


 彼は優しい。とても優しいのだが、超超超ネガティブなのだ。一度俺がオスカの言葉を止めたのもそのネガティブ発言を止める為だ。彼は一度ネガティブ発言をし出すと言い終わるまで止まらない。その上、それを耳にしている側は気分が一気に落ち込む。兄弟の俺達はある程度耐性はある為、彼を落ち着かせる時に冷静でいられるが、多少は慌てる。対してアランはあまり耐性がないがあわあわと慌てふためきながらも必死にオスカを落ち着かせようと試みている。


 が、友よ。お前が落ち着け。慌てすぎてどもってるし、声ひっくり返ってるし。なんだよ、


「お、おおおおお落ち着いて下さい、オスカ殿下!!貴方は、必要なお方ですよ!?」


って。ていうか、オスカ。お前もアランに、


「アランさん、慰めなくてもいいんだ。僕にとってこれが事実なんだから」


って返すな。更に慌ててんじゃねぇか。心の中でツッコミまくっていた俺と同じ事を思ったのだろう、レイシアが口に出して言う。


「アラン、落ち着きなさい。オスカも、ネガティブ発言しないって言ってたじゃない。早速してるわよ。やめなさいな、姉様がまた心配するわ」

「ご、ごめんなさい………。でも、やっぱり………」

「またこの口は………!」

いひゃい痛いっ…いひゃいほ痛いよふぃおひゃへぇはんフィオナ姉さん


 いきなり現れてオスカの頬を引っ張った、金髪の美女が俺のもう一人の姉、フィオナだ。俺の六つ上で夫がいる。とても明るい性格でオスカと正反対で超ポジティブな人だ。彼女はオスカにとって憧れの存在なのだ。彼女のようになろうと努力はしているものの未だに実行できていないが。


 ていうか、なんか、俺達兄弟集まりすぎじゃね?


「姉さん、何で此処ここに居んの?」

「アンタ達がこんな廊下のど真ん中で騒いでるから何の話かと思ってね。来てみたら、またオスカが馬鹿な事言ってるじゃない。会話に入るつもりはなかったのに、つい、ね」


 ホント、この人じっとしてられないよなぁ。ルックスいいのに結構ガサツだし、体育会系のノリ強いし、めっちゃ走るし、すぐ飽きるし……。義兄にいさん、この姉のどこが良かったのか……。なんだっけ?魚で動いてないと死ぬ奴。……あー、マグロだ。フィオナ姉さんは絶対それだ、それ。


 そういえば、とフィオナ姉さんが俺を見てニヤっと笑った。


「シアノ、旅に出るんだって?しかも付き添いにアランは勿論、許婚ちゃんも居るとかって聞いたよ」

「誰から聞いたんだよ?速くね?姉さん、俺の仕事頼まれてねぇだろ?」

「馬鹿だね、一人この宮内にあんたの事を一番詳しいのが居るでしょう。言いふらしてたわ」


 姉さんの言葉を聞いて俺はぞわっとした。果てしなく嫌な予感がした。そして、後ろから会いたくない奴の気配を感じた。……ま、まさか。


「シ・ア・ノおおおおおお!!」

 明るい声で俺に抱きつこうと飛び上がった奴を華麗にかわした事でそいつはズサーッと床を滑る。


「痛い…。シアノ!何でけるんだよ!受け止めろよ!!」

「誰が受け止めるか、馬鹿兄貴!!てめぇには色々シバきたい事があんだよ!!」

「シアノ、いつからそんな野蛮になってしまったんだ。お兄ちゃんは悲しいぞ…」

「クルシウス、キモい」


 綺麗なブロンズ髪の色の顔だけはチャライケメンの青年は次男のクルシウスだ。三つ上の兄なのだが、俺はこいつを兄さんとは呼ばない。いや、呼びたくない。

 クルシウスは超ブラコンなのだ。俺限定、だけどねー。


 そして、クルシウスは王宮内で一番俺の事を知っている。その上、それをペラペラと宮内中に喋りまくる。オープン型ストーカーとでも言っておこうか。

 まあ、そんなわけで、この馬鹿クルシウスが俺の全てを事細かに話すお陰で俺は王宮内で一番の有名人になってしまった。そして、重臣達に遠慮されたり、ビクビクされたりとかなり迷惑している。それをクルシウスは知らない。自覚していないと言った方が正しい。

 まあ、俺の話といっても、俺の宮中での話だから、シアンドールのことはなんとかバレてないからいいけど。

 まあ、シアンドールの依頼が入る時はアランによる厳重な目眩しの術で俺の存在がしばらく空気と同じになるようにしてバレないようにはしてあるしな。それでもバレたら親父同じくクソストーカー認定だな。


 そして、またもや余計なことを暴露されたので、俺はクルシウスに制裁を下そうと思う。


「クルシウス、また余計な事喋ったな?」

「何の事?許婚の事?それとも他の国にまで挨拶回りに行く事?」

「………両方に決まってんだろうが!!また臣下達から変な目で見られんだろが、馬鹿野郎!!何してくれてんの、マジで。何でそんな事したの、マジで!」

「えっ、そんなの一つじゃん。愛故に…」

「気色悪い事言ってんじゃねぇ!!」

「へぶっ…………!?」


 飛び蹴りを食らわせて俺の怒りはひとまず収まった。

 しかし、低音のイケメンボイスが後ろから呆れた雰囲気で聞こえてきた。


「シアノ、やりすぎだ。クルシウスが死ぬぞ」

「ハリスン兄さん…………と、ミカビ!」

「おはようございます、シアノ兄様!!」


 可愛らしく幼い少女と長身できっちりとした服装の男性。俺のもう一人の兄・ハリスンと末っ子の妹・ミカビだ。てか、兄弟勢揃いだな。


 長男のハリスン兄さんは次期ヘリオスで、父の仕事をよく手伝っている。武術、剣術ともに優れており、頭も良い完璧な人だ。男らしい容姿と美しい金髪で、カッコよくてしっかりしている兄さんが一番の憧れだ。


 そして、三女のミカビは俺の大好きな妹だ。金色のさらさらの髪をハーフアップにして、ふりふりのピンク色のワンピースがよく似合っている。可愛くて、優しくて、他人を大切にできる物凄く良い子なのだ。

 先程クルシウスの愛が迷惑だと言ったが、俺もクルシウスの事をどうこう言える立場ではない。何故なら、俺もミカビに対してかなりのシスコンだから。


 クルシウスと違うのはミカビと俺は相思相愛だということ。そして、クルシウスは無自覚だが、ミカビと俺はお互い自覚しているということ。

 早速、ミカビが俺に駆け寄って抱きつく。


「シアノ兄様!!お旅に出てしまうのはホントですか?」

「クルシウスに聞いたの?」

「はい…………。行っちゃうのですか?」


 上目遣いプラス首をこてんと倒すという動作に俺はきゅんとしてしまう。

 ……あぁああああ!!くっそ可愛いぃいいいい!!何この生物?旅なんて放ってミカビと一緒に居たい!クルシウス、いつもならもう一発飛び蹴りを食らわす所だが、感謝する!ミカビの可愛い姿を見るきっかけを作ってくれてありがとうございます!!


「シアノ、悶えないで。気色悪いわ」

「で、殿下…………」

「シアノのミカビへの愛も相当だよね、オスカ」

「えっ、うーん。よく分からない…ハリスン兄さんは?」

「俺もよく分からない」

「シアノ、お兄ちゃんには冷たいのに、何でミカビには優しいの?優しくしろよ!」


 最後に言った奴の言葉は聞かなかった事にして。


「俺とミカビの邪魔すんなよ……。レイシア、アラン!毎回同じように明らかに引くな!姉さん、面白がるな!オスカやハリスン兄さんみたいに無関心すぎるくらいが丁度いい!!」

「俺には感想無し!?」


 クルシウスが泣くのをフィオナ姉さんが慰めている。姉さんくらいだよな、クルシウスに優しいの。俺含め他は完全に無視だもんな。

 クルシウスは置いておいて、とハリスン兄さんが口を開いた。


「全員居るな?早速だが、明後日からシアノが父上の命で旅に出る事になった。そこで明日、家族だけの宴会が開かれる予定だ。存分に楽しめとの事だ。あと、セレネーのご息女セリーネ様とその父・ヴァルゼン陛下もご参加されるので無礼がないように。以上だ」


 言い終わるとハリスン兄さんは来た道を戻っていった。えっ、何?あの人それを言う為だけに来たの?………真面目すぎる。


 その後、フィオナ姉さんがクルシウスを部屋まで引きずっていき、残った五人で(ミカビは俺の癒し要員として)俺の税管理の説明をして解散となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます