薔薇と骸

作者 みなべ ゆうり

男装の姫君と呪われた騎士。ふたりの出会いが、秘められた歴史を暴く。

  • ★★★ Excellent!!!

良い。とても良い。

これに尽きる物語です。何のネタバレも前情報もなしに読んでいただきたい、重厚で心打たれるダークファンタジーがここにあります。


訳あって男装している姫君、エメーリエ。彼女の優しさと誠実な心が物語の重いテーマを暴きながら乗り越えていく姿。

彼女を支え真実へ導くこととなる、呪われた騎士ルシアン。彼の掴み所が無いようでいて、柔らかく包む温かさ。

このふたりがいい!もう、いい!



脇を固めるロイ殿下の輝く個性。妖精たちに隠された信実。ひと癖もふた癖もありそうなお兄様がた。

魅力的なキャラクターと、色鮮やかにイメージできる世界を旅して、この世界の一員になった気分でどっぷりと堪能しました。

物語の核が重いので、書こうと思えばどこまでもずっしり重く書けるであろう物語を、キャラクターたちの軽快な会話が重苦しさを中和してくれます。各話の引きも見事で、やめられない止まらない。導かれるように読みきれます。

どっぷり浸れるファンタジー。時間を忘れてご堪能ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

読書するとうふさんの他のおすすめレビュー 309