第四章

第46話 童心

 ラドキアの台地を拝める湖畔に陣営を敷き、エメーリエたちはそこで一夜を明かすことになった。

 明日の早朝に少人数で台地の内部へ進入することが決まり、各自それまで体を休めるようロイスダールは指示を下したのだった。

 その後、天幕の一つを借りたエメーリエは、綺麗な毛布に包んだ魔物──否、竜の子どもを腕に抱いていた。

 魔物の襲撃を凌いだ後、急いで石橋へ戻ったエメーリエがマントを持ち上げると、そこで小さな銀鱗の竜が穏やかな寝息を立てていたのだ。体から泥はすっかり剥がれ落ち、あの禍々しい目玉も見当たらない。

 これなら魔鎧も機能しないだろうと、エメーリエは竜をひょいと抱え上げ、夕飯を食べることも忘れて様子を見ていたのだが。


「──ルシアン、どうしましょうっ」

「何が?」

「あ、あの」

 わなわなと震えているエメーリエを、ルシアンはちらりと一瞥しては苦笑を滲ませる。しかし彼女を助けるわけでもなく、素知らぬ顔で剣の手入れを再開してしまう。

 エメーリエの膝の上では、先程目覚めた竜がごろごろと喉を鳴らし、上機嫌な様子で彼女の腹に擦り寄っていた。

 それはもう、お前は猫かと言いたくなるほどの懐き具合である。

「か、可愛いです!」

「良かったじゃん」

 わっと泣きそうな声で訴えれば、ルシアンが肩を揺らして笑った。

 橋の上でひたすら話しかけたおかげなのか、竜の子どもは目覚めるや否や、エメーリエの顔を確認してはキィキィと鳴き、それ以降ずっとこの状態だ。

「こ、こんな、これが魔物なんて嘘ですよっ、それとも人間に懐く魔物もたまにいるんですか!?」

「さあ……そもそも魔物に話しかける人とか誰もいなかったしね」

 それはエメーリエが変人だと言いたいのだろうか。

 ルシアンは剣の手入れを終えると、緩慢な動きで傍までやって来た。少しだけ警戒を露わにした竜を見詰め、おもむろにその右目を指差す。

「潰れてるね。こっちの目」

「えっ」

 彼の指摘に慌てて竜を持ち上げてみると、右目の瞼が内側に食い込むようにして閉じていた。ついでに左側も確認してみたが、そこには深い藍色の瞳がしっかりと嵌まっている。

「あの泥に覆われると、体が腐ってしまうのでしょうか……? この子の親も、翼や目が潰れてましたよね」

 エメーリエが労わるように背中を撫でれば、竜は心配されていることなど気付きもしないで、そのまま再び眠りに落ちてしまった。

 親に対してこれだけ体が小さいのだから、やはりまだ赤ん坊なのだろうか。エメーリエがそっと毛布に包んでやると、ちょうど天幕の仕切りが外から開かれた。

「──エメル、入るぞ」

 現れたのはロイスダールとジェロム、それからミネルバの三人だった。やはりこの三人が揃うと安心できる上に、自然と兵たちの士気も上がる。勿論ミネルバだけでもその統率力は素晴らしかったので、相乗効果というやつだ。

「ロイ、すみません。ろくに挨拶も出来ないまま……」

「構わん。それが竜の子どもか」

「はい。あの、ありがとうございました。手間を掛けさせてしまって」

 ロイスダールは帝都に戻った際、帝国騎士団に命じて子どもの行方を捜してくれたそうだ。よもやそこまで大規模な人員を割いてくれるとは思わず、エメーリエは丁寧に礼を述べたのだが。

 当のロイスダールは何とも思っていないのか、彼女の前に屈んでは眠っている竜をじっと凝視する。

「……ロイ?」

「あー……エメル様、お気になさらず。殿下はちょっと少年の心に戻ってしまっているだけです」

 ジェロムが生温い笑みで告げると、隣でミネルバも苦笑いを浮かべて頷く。どういう意味かと皇子に視線を戻せば、確かに浅葱色の瞳がいつもより爛々と煌めいているような。

「……竜、お好きなんですか?」

「ああ、昔読んだ英雄譚によく出てきた。翼があるが飛べるのか」

「ええと、もしかしたら飛べるかもしれませんね」

 エメーリエの答えに、ロイスダールは何とも期待に満ちた様子で顔を上げる。本当に童心に帰っているなと、つい笑ってしまいそうになった。

「起きたらロイにもお知らせしますね」

「そうか、ありがたい。餌は肉が良いのか、それとも木の実か。取って来るぞ」

「待て待て待て、皇子の威厳をかなぐり捨てるな。餌はフレイに頼めばいいだろ、今は本題に入れ」

 ミネルバが慌てて皇子の襟首を掴めば、ロイスダールは少々残念そうに唇を引き結ぶ。それから渋々と居住まいを正せば、あっという間に少年から皇子の顔へと早変わりである。

 この見事な切り替えについては見習わねば、とエメーリエも姿勢を正したかったのだが、如何せん膝の上に竜がいるために叶わず。彼女がちょっとだけ背筋を伸ばしたところで、本題を思い出したであろうロイスダールが口を開いた。

「フィリップ公子に妖精が入り込んだと聞いた。私に取り憑いたものと同じだったのか?」

「いいえ、それとは別の、僕を城から攫った妖精でした。何か個人的な用があるみたいなんですが……詳しいことは何も」

「ふむ」

 件の妖精がエメーリエの体を乗っ取り、再びヴィラシア王国へ入りたがっていることも添えれば、ジェロムとミネルバが不気味そうに顔を顰める。

「ええ……それをエメル様に直談判しに来たんですか? そりゃまた図々しい」

「しかしフィリップの体が持たなくなり、さっさと逃亡したと。はあ……つくづく気味が悪い」

 二人の言葉に頷く傍ら、ロイスダールはふと、エメーリエの傍であぐらをかいているルシアンに視線を移した。

「ルシアン殿、妖精は獣に乗り移ることが多いのだったか」

「ん、そうだね。手頃な死骸を探して皮を被るんだよ」

「ということは、意識がある者は上手く操れない可能性もあるな。だからエメルの許可を得ようとしたのかもしれん」

「ああ、それは確かに一理──」

 皇子の推測に頷きかけ、ルシアンは「ん?」と首を傾げる。

「……じゃあこの前、皇子は気絶でもしてたのかい?」

「最近、たまに意識が飛ぶからな」

「あー激務ですもんね殿下。いやいやちょっと待ってくださいよ、本当ですかそれ!! 何で言わないんです!?」

 適当な相槌を打つや否や、ぎょっとしたジェロムが必死な形相で皇子の肩を揺らす。しかしこれにはエメーリエも焦りを覚え、彼に続いて皇子を問いただした。

「ロイ、意識が飛ぶって……相当な疲労が溜まっているのでは」

「だとしても悠長に寝る時間もなくてな。ふと思い立って馬に乗りながら寝たら、それ以降の記憶もなくなった」

「ロイ……」

 何とも皇子らしい返答に、エメーリエとミネルバが同時に額を押さえる。さすがのルシアンも苦笑を禁じ得ず、頬杖を突く姿勢で口元を隠していた。

「まあ、それなら今後は休んだ方が良いかもね。精神的に弱ってる奴ほど乗っ取りやすいのは確かだろうし」

「ルシアン殿の言う通りですよ殿下! 殿下はすぐ一人で仕事集めて懐に溜め込む癖がありますからね!」

「人を栗鼠りすみたいに言うな」

 未だにジェロムから揺さぶられたまま、ロイスダールは不本意そうにしながらも頷く。

 魔物の襲撃以前から、皇子が寝る間も惜しんで公務に励んでいたことはエメーリエの耳にも届いていた。地方の警備は勿論、食糧の提供や防壁の建築など、とにかくやることが山積みだったのだろう。

 しかしそんな過労状態で旅を続ければ、妖精が入り込むための器としては格好の餌だ。ジェロムから口を酸っぱくして、睡眠を増やすよう強く言われた皇子だったが。

「──で、エメル。竜は何と呼ぶんだ。候補が無いなら考えるぞ」

「ロイ、呼び名は僕が頑張って考えておきますから、今日は寝てください!」

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る