薔薇と骸

作者 みなべ ゆうり

第34話 取るべき手は」への応援コメント

このエピソードを読む

  • こんばんは…いつも楽しく読ませて頂いております。
    (なにゆえ、改まって感想を送りたいと思ったかと申しますと)
    (某所で少々元気をなくされてらっしゃる姿を目撃して、差し出がましくも心配になってしまったからであり)
    (そもそも付き合いの浅い私が長文を送りつけるのも迷惑ではないかと思いつつ)
    (それでも、ここは少しでも感想を…送らねばと…ていうか、薔薇と骸がめっちゃ面白いっていう…自信を持ってもらわねばと…思った…次第です…)
    (ただ、★は完結後か最新話まで読んだところで送りたい主義なので…PR文掲示でこの作品の宣伝効果を狙いたいので…そこは…許してください…さい…)

    …という予防線を大量に張りまくった上で、感想を!述べる!!(うん?

    あの、先にも申しました通り、薔薇と骸、めっちゃ面白いです。
    何がいいって、個人的なポイントあげていきますので、どうぞお収めください…(土下座

    自分でも引くほど長いので、「いやちょっと…(引く」と思われた場合は、どうぞこのコメントを削除してください…すみません…(土下座
    あとなんか、タメ口っぽくなってるんですが…お気を悪くされたら申し訳ないです…すみません…。。

    ①エメーリエちゃん可愛すぎ問題
    男装女子で王族でってだけでもポイント高いのに、なんなんですか、あの健気な生き物!かわいい!!
    王家での自分の立場に疑問をきちんと持ててるのがまず偉いです。いやね、あの家族構成…いや、エメーリエちゃんを溺愛するお兄様方は別の意味で好きですけど…とにかく、あの家族構成、一歩間違ったら、ひねくれた子に育っててもおかしくないんですよ!ほんとに!
    なのに、どうして君はそんなに真っすぐなんや…!(尊すぎて崩れ落ちる
    ケイドン将軍様のおかげですかねやはり…教育の賜物か…そうか、そういうことか…ありがとう将軍…純粋なエメーリエちゃんを守ってくれてありがとう…将軍…。。
    お城に出てからのエメーリエちゃんが生き生きとしてて、一読者なのに、近所のおばさんみたいな目で「よかったね…」と毎回涙ぐんでます…(何様
    あと、ルシアンさんとの距離感も絶妙なのですよね…良き…。ルシアンさんって、恐らく上辺だけの慰めとかには敏感な方だと思うんですよ…(個人的な意見です
    でもでも、エメーリエちゃんは掛け値なしにルシアンさんのこと心配したり、他の国のこと心配したり、全力で泣いたり笑ったり、嫌な奴のことぶん殴ったりできるから…そこですよね…恐らくそこがルシアンさんが気にかけちゃう理由なんでしょうね…(個人的な意見です
    好きだな…(幸せのため息

    ②ルシアンさんカッコよすぎ問題
    すまん…設定から好きだ…(大の字
    死にたくても死ねないとか、なんなんですかそれ…挙句の果てに、故郷は滅びてるし、なんなら故郷助けるために薔薇姫さらってまで頑張ったのに、仲間は死んでるし…なんだこの男…好きになるに決まってるやんけ…(重い過去のあるヒーローに目がないんです…すまん…好きだ…
    しかも、自分では色々悔いているだろうに、それを表に出さない大人感!!それ!!そこ!!!たまらんな!!!だからこそ、たまーに、エメーリエちゃんの前で弱音吐いちゃう姿がな!きゅんとしてしまうんだな!!!(早口
    戦って強いのも勿論なのですが…個人的には本当に、彼の精神性を推したいですね…好きだな…幸せになってほしいな…だからこそな…エメーリエちゃんとな…(拝

    ③ロイスダール殿下周りの方、面白すぎやしませんか
    そもそもロイスダール殿下が愛しいですね寝ぐせってなんだこの人可愛いな(なのに、ケイドン殿下と涼しい顔で渡り合うんだもんな…ギャップがすごいな…好き…
    でもでも、彼と関わるジェロムさんとか。彼と関わるミネルバさんとか。そことセットで推したい。ロイスダール殿下…。
    特にあの…ジェロムさんがですね…ロイスダール殿下の保護者の立ち位置に立ってらっしゃるのがですね…なんかこう、毎回ほほえましく思いながら見てるわけですね…(笑
    ジェロムさんの心労が軽くなる日は来るんだろうか…(でも、心労が軽くなったらなったで面白くない(ぇ)ので、そうならないでほしいと思う私もいる…ジェロムさん…ごめんね…


    ④物語の展開が好きすぎ
    これは完全に個人的な好みなのですが(いや、今までも個人的な好みでしたが)、とかく、この手のファンタジーとしての本筋がしっかりしてる恋愛物語が好きなんです…。
    ほどよく甘いけど、締めるところはしっかりシリアスっていう苦みが良き…。展開も、第一話からぐっと引き込んでくるんですよね。物語の中で世界観の設定が掲示されるので、読んでてノンストレス。でも楽しい。
    私が本作を知ったのはツイッターだったわけなのですが、これは本当に…掘り出し物だったと…思ってます…なかなかこういう良作には出会えない…よかった…。

    ⑤というか、タイトルがかっこよくないか
    「薔薇」も「骸」も、さほど奇抜な言葉ではないのです。だというのに、この二語で物語の根幹を現せるという奥深さ。なにより、薔薇と骸、と並べた時の、ちょっとどきっとするようなエロさ…(すみません…勿論良い意味です…この言葉がしっくりくるんです…すみません…。
    漢字を用いてタイトルを作る、というのは決して奇抜な手法ではありませんが、その可能性の奥深さを見せつけられた気がしています…。本当に、このタイトル眺めるだけで、うっとりしてます…そして勉強になる…。


    ……はい、というわけで、長々と書きましたが。
    あの、そうです。総括すると面白い!ってことです(語彙力
    本当に…あの…続きも楽しみに読ませて頂きますので…執筆大変かとは思いますが、影ながらではありますが(いや、ツイッターでは遠慮なく絡んでますが…)、引き続き応援しております…!

    作者からの返信

    嬉しすぎて5回ぐらい読み返してしまいました。引くなんてとんでもないです、誠にありがとうございます…!!
    (取り乱しまくってたのでお恥ずかしいばかりです…見苦しいところをお見せして申し訳ございませんでした…)

    挙げてくださった①~⑤を読んでいて、何と言うか私の意図をこんなにしっかり汲んでくれて良いのかと(良いんですけども)驚き喜び、あとこんなにしっかり感想いただく機会は本当に貴重なので拝み倒したいぐらいです。

    エメーリエとルシアンは作品タイトルになっている二人なので、丁寧に描写することを心掛けているのですが、その内面を深く読み取ってくださってるのが非常に…非常に嬉しいです…。
    周りを固めるキャラクターは怪しかったり和やかだったり両極端な雰囲気ですが、楽しんでいただけているようでめちゃくちゃ安心しました。
    長々と文を書く癖を抑えて抑えて抑えまくって今の形になっているので、展開の仕方についての感想もありがたいです…!

    虚弱メンタルなせいで気分が沈んでおりましたが、続きも頑張って書き続けたいと思います。本当にありがとうございます…!!

    2019年12月5日 21:51