転生彼女の苦悩

カラスヤマ

【序】

「私のせいで、ごめんなさい」



「どうして謝るの?」



「だって……。サトル、血だらけじゃん」



「謝る必要ないよ。ナツは、何にも悪くないんだから」



「サトルには、聞こえないの?」



「何が」



「悪魔の足音。少しずつ破滅が近づいてる。これ以上、私といても不幸になるだけだよ」




「…………破滅してもいい。不幸でも」



「ねぇ、サトル。こっちを向いて」






この温もりだけが。




僕の居場所。






ナツと一緒にいられるなら、僕は…………。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます