終末のトラペジウム

作者 omochi

19 父の想い、子の涙」への応援コメント

このエピソードを読む

  • ペンダントに込められた力の意味に、娘を案じていた父親の優しさが溢れてますね。
    父と娘が再会出来て、本当に良かったと思います(*´꒳`*)

    作者からの返信

    ペンダントに関しては、初期の発動時では強大でどこか末恐ろしいものとして描写していますが、娘を守る父の力をイメージしておりました。
    娘の為なら時に凶悪な程激昂し、時に慈愛が溢れる程優しい。セドラス公の想いをペンダントが代理で伝えられたらと……。
    この親子を見守ってくださりありがとうございます(´;ω;`)

    2019年12月2日 11:59

  • クロエ嬢…。゚(゚´Д`゚)゚。
    お父様と真の意味で再会できてよかったね!とモブとなり背景で拍手を送りたい気持ちです…
    本当に良かった…!

    作者からの返信

    うう、ありがとうございます(´;ω;`)!
    長い間孤独に囚われていたクロエも、咲という友達を得て、また父の愛に気づくことも出来ました。
    長く苦境に立たされていた彼女ですが、陣野さんの温かな拍手によってクロエもきっと報われることでしょう……!

    2019年12月2日 11:50