第7話の16

 容赦なくコロせるぜグラス。ロード2見えて。ミキのパワーがムチ2000。


 ムチと僕のソード。グラスが倒れた時、僕の心はソードはミキに向かっていく。


 ソードとムチが重なる。どっちが強いの。

「僕だー! 私よー!」


 僕のパワーが負けているだと愛情。フルパワーソード。フルパワームチムチ。僕達のパワーは上がり続ける。


 雨の中に見た道は輝く。やはり僕はミキに勝てなかったよ。

「私をアイしてねセツナ」


 ミキの笑顔が何時までも共に。僕は笑っていたよ。サヨナラ、アニキとミキ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る