快眠業者 Ⅰ

『1ヶ月10000円、あなたに快眠をお売りいたします 快眠業者』

 雑誌の片隅に載った広告は、地味ながら抜群のインパクトを誇っていた。

 なが加奈かなは、お昼をつまみながらその広告を見ていた。一言でいえば、清々しいほど胡散臭い。しかし、このところ不眠気味で、ホットアイマスクだの市販の睡眠導入剤だのを試しても効果のなかった加奈には、これをサギと切り捨てることはできなかった。


 日曜日、加奈は件の「快眠業者」の看板が掲げられたドアの前に立っていた。覚悟は決めていたが、未だ半信半疑でドアベルを鳴らす。すぐに足音がして、ドアが開く。

「いらっしゃいませ」

 最初は少しばかり慄いた。ドアを開けたのは身長140センチほど、ほぼ小学生といっても通じるくらいに小さな身体で、髪を長く伸ばした女だった。その口から、地の底を思わせるようなごく低い声が発せられていたのだ。硬直していると、声も背も低い女は言葉を次いだ。

「快眠をお求めですかな」

 どこか古風な、武士のそれを思わせる喋り方だった。武士と会ったことはないが。加奈はとりあえずはい、と頷き、女に促されるままドアの向こうに足を踏み入れた。


「時間を」

「……はい?」

「快眠を希望する時間帯を教えてください」

 名前と住所を書き終え、促されるまま坐ったパイプ椅子の上で、女……自称「快眠請負人」、年齢非公表……と向き合い、そう問われる。加奈はすこし悩んだ。月曜は早番だ。したがって夜は早く眠りたいが、ひとり暮らしだといろいろ気になってなかなか寝つけない。

「……9時で、お願いします」

「夜の?」

「はい」

「よろしい。効果が出るのは今夜9時。起床時間は任意となります……それでは、良い夢を。初回キャンペーンでお代はいただきません」


 果たして加奈は、午後9時になると糸が切れたように睡魔に襲われ、眠ることができてしまった。疑念があっただけに、ここまで覿面に効くとは吃驚だ。感謝を伝えるべく、加奈は再び快眠請負人の元に赴いた。

「助かりました! ウソのようにすっと眠れて……目覚めも快調で」

 肩を回してみせる。笑顔がひとりでに溢れてくるような感覚は久しぶりだ。

「それはなによりです」

 快眠請負人の女は相変わらず低い声で、しかし嬉しそうにそう言った。

「どういう仕組みなんですか?」

「お教えはできませんが……」

 彼女はコーヒーを淹れ、加奈に差し出した。

「リピーターになっていただけるのでしたら」

「是非に!」

 加奈は、とてもコスパのいい幸福しあわせを見つけたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます