じゃんじゃん火に映る顔

真弓創

長岳寺の花見

小七郎こしちろうどのは鬼火を斬れるかな」


 舞い散る山桜の花弁を扇の風で踊らせながら、老人が訊ねてきた。


 ばん小七郎はかわらけを置いて太い腕を組んだ。あいにくの曇天で始まった長岳寺ちょうがくじでの二人の花見も、酒が進んでようやく興が乗ってきたところだ。他愛ない雑談でも、この油断ならない老人に弱みを見せてからかわれたくない。


「あいにく火の玉を見たことがないものですから、わかりませぬな。とはいえ、しょせんは魑魅魍魎ちみもうりょう。南無阿弥陀仏を唱えて斬れば退散いたしましょう」


「なるほど。小七郎どのの武辺と御仏の加護が合わされば、さもありなん」


 老人はつるりと頭を撫でて笑った。しかし東大寺の大仏を燃やした当人が仏の加護を語っても、なんの説得力もない。


 この老人、昨年落髪し、悟りを志す心を意味する道意どういを号するようになったが、誰もそんな不似合いな名で呼びはしない。織田家では元の名の松永久秀まつながひさひでで通っているし、小七郎も彼の階位である弾正少弼だんじょうしょうひつを指して、霜台そうだいどのと呼んでいる。巷では悪弾正と呼ばれて久しい。大仏殿に火を放ち、足利将軍を謀殺し、主君の三好みよし家を乗っ取ったという久秀の所業は、信長からも三悪を為した天下の大悪人と評されているほどである。


 しかも久秀は三年前、武田信玄の進軍に乗じて挙兵し、織田家を窮地に陥れた過去がある。四悪目を歴史に刻もうとしていたのだ。信玄病没の後に久秀も降伏し、所領を没収されて許されたが、小七郎にはそこも解せない。このような信の置けない妖人を生かしておく理由など何もないように思う。


 今の久秀は大和やまと十市郷とおちごうの三分の一を治める小名に過ぎないが、いつ何をしでかすかわかったものではない。だから小七郎は茶の湯を習うという名目で久秀に近づき、その動向を探っているのだった。従兄弟の原田直政はらだなおまさが大和国の統治を任され、己も代官として一城を担っている。久秀に怪しいところがあれば、いつでも刀の鯉口を切るつもりでいる。


 しかし当の久秀はのんびりとしたもので、会うたび親身に茶の湯を指南してくれる。今日も風雅を学ぶ一環にと、遅咲きの山桜を肴に花見を催し、噂話に興じている。この老人が本当に三悪を為した御仁なのかと、時折小七郎は信じられない気持ちになる。そしてそのたび、いやこうやって油断させるのがこの老人の手口かもしれぬと気を引き締め直す。そんな小七郎の心を知ってか知らずか、久秀は素知らぬ顔で扇を畳んで東手にそびえる山を指した。


「実は、そこの山に鬼火が出るという噂があるのじゃ」


「ほう、龍王山りゅうおうざんに」


 龍王山の頂には久秀の息子、久通ひさみちが治める龍王山城がある。築城の名手と名高い久秀が手を入れただけあって、南北の峰にまたがった城郭の壮麗さが長岳寺からも伺えた。


「七月にはあそこでせがれが祝言を挙げることになっておる。その前に凶兆を追い払えぬものかと思うてな」


「そうでしたか。めでたき話の折に領内で、しかも城の膝元に鬼火の噂とは、確かに愉快ではないでしょう」


「噂だけならまだ良いが、死人が出ておる」


 久秀の言葉に小七郎は身を硬くした。人死にが起きたとなれば、噂と笑っていられる事態ではない。


「先日、鬼火を探りに向かったわしの手の者が、山中に事切れた姿で見つかった。総身を焼かれた姿でな。ほかにも、以前からたびたび鬼火による死人が出ていると聞いておる」


「くわしく調べねばなりませんな」


「うむ。それにあたって、おぬしの小姓の藤丸ふじまるに話を聞かせてもらいたい」


「はあ……藤丸にですか」


「鬼火を直に見たことがあると聞いての。それに、この辺りの村の出ともな」


 久秀が言う通り、藤丸はこの近辺にある田井庄たいのしょう村出身だ。父が戦に巻き込まれ、母も山で滝つぼに落ち、行き場を失って下働きの奉公に出された。働き者で目端が聞き、顔立ちも良いこの若者を小七郎はいたく気に入り、小姓に取り立て連れ回していた。


 小七郎が藤丸を呼んで問いただしてみると、はたして久秀の言うとおりだった。平伏する藤丸に、久秀がさっそく問いかけた。


「そこもとの村で、鬼火について伝え聞いておろう。直に見たときのことも含めて、知っていることを申せ」


 久秀の声色は穏やかだったが、藤丸は強張った顔でうつむくばかりで、なかなか言葉が出てこないようだ。夜ごと、寝物語に小七郎から久秀の悪行と罵詈雑言を聞かされている藤丸である。恐ろしくてまともに久秀と向き合えないのだろう。小七郎が声をかけて助け舟を出してやると、ようやく藤丸は顔を上げた。


「霜台さま、話しても怒りませぬか」


「わしが怒るような話なのか」


「はい」


 何が面白いのか、久秀は扇を広げて相好を崩した。


「かまわぬ。申してみよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます