【新】炎の華 -創壁の君へ-

作者 コノハナサクヤ

76

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

おすすめレビューなのに、実況。
ごめんあそばせ。

第30、31話。
今日も2話分実況します。
隧道(トンネルのことですな)建設現場前で
セリケッパとライナスがダベっているところでした。
セリケッパの秘密が明かされます。
なんと、女性でした!

はい、そこから社会の話になります。
ハイ・ファンタジーですからね、
世界丸ごとコノハナサクヤさんが構築しています。
社会についてもよく考えられています。
女性のナザラが国家事業的な隧道建設を進めている
協力している地質調査師のセリケッパも女性、
男女差別について、国家資格の制度について筆が及びます。
抜かりないですなあ。
物語の厚みが増すというもの。
さらにライナスのお母さんについてのエピソードがからむみたい。

★★★ Excellent!!!

まるでギリシャ神話の語り部から話を聞いているような感覚。
詳細な説明を嫌い、短く簡潔な文章でまとめておられるのはセンスの賜物。
文体は前作同様のサーガ調で、読者をグッと惹き込む手法が取られています。

初めて読んだ作者様の作品は現代Fでした。
その時、「これは必ず賞を取る」と確信に近い感覚が襲ってきたのを覚えています。その分間に秘められた言葉がどんどんと脳内で具現化して行きました。本当に素晴らしい才能の持ち主。

今回の力作では是非、入賞されますよう祈願致します。

★★★ Excellent!!!

港町イーシュタで出会った。
「美貌の天才火薬師ライナス」と「少女ナザラ」――創璧師である彼女は、長大な隧道建設を目指していたのだ。

二人が背負う罪と真実の愛とは何か……。

献身的な愛と追い求める未来の先に、美しい文章で綴られる二人の物語が今、始まる!

是非、ご覧ください(*´ω`*)

★★★ Excellent!!!

これは作者様の渾身の作品と言えるでしょう。
それほどまでに作りこまれた世界観や魅力あるキャラクター達。

主要なキャラクターは二人になります。
・失われた古代帝国ガザの古文書を求め、美貌の天才火薬師ライナス。
・母を亡くした創璧師である少女ナザラ。

二人はそれぞれ罪を背負っている。
心の傷は時間と共に忘れていくこともできますが、お互いを支えあう事で乗り越える事も出来ます。

これは人生をかけた二人の物語。

二人が真の愛に辿りついた時に読み手に待っているのは感動だけです。

さあ、一緒に物語を応援しましょう。
そして、見届けましょう。

★★★ Excellent!!!

作者様はこの作品が自分の中で一番好きだと言ってました。作者様の小説ファンのわたしは、それだけで、期待しまくりです!

創壁師。土と水を用もちいてあらゆる種類の壁を造る特殊能力を持った者を指します。

17歳の少女が壁を造る独創的なファンタジーです。世界観いいです。壮大な物語になりそうです。

壮絶な壁のバトルファンタジーが見れるのは、この作品のみでしょう。

キャッチコピーの愛の行方が気になります!