第161話 依存症者の告白(161)

 それにしても、もう夏が終わった。

 このひと月、よくここに書かせて頂いた。おかげで、行動におけるパチンコ依存は、全く無くなった。精神の方は、まだ多少、依存している。だが、この言葉そのままに、パチンコに「依って」自分が「存在」している、というほどではなくなった。

 考えることは嫌いでないから、言葉を書く→考える→また書く→考える、の繰り返しは、いつまでも継続可能なのではないかという気がしている。


 ただ、「ウツツな異世界・依存症者の告白」は、そろそろ、もういいのかなという感じがしている。私は、完全なパチンコ依存症者ではなくなってしまった。依存症でもないのに、このままここに書き続けるのは、嘘、欺瞞のように感じられる。

 ということで、この連載は終わらせていただく。


 結局のところ、私は自分に興味があるので、また、別の形で何か書いてみたいと思った次第。

 よろしかったら、また。

 どうもありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ウツツな異世界 亀井雪久 @soyogo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ