第152話 依存症者の告白(152)

 今日も歩いた。

 まるで私は、歩くために生きているみたいだ。


 生きるために、生きる。

 死ぬために、死ぬ。

 それだけのこと。


 死ぬために、生きる。

 生きたために、死ぬ。


 何のためにするわけでもなく

 何のためかに、する。


 それだけのこと


 でも、イイんだな

 それだけのことで済むからさ


 これで済まなかったら

 どうしろというのだ


 1日の終わりは1日の終わり

 いのち、1つ、おわり。


 明日は明日であるんだろうけど


 目が覚めたら、

 こころぼそく たゆたおう

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます