第148話 依存症者の告白(148)

 いわゆる浮気は、つきあっている相手に不満を覚え、別のひとを求めることである。

 私は、もう現実に求めはしないが、妄想だけはする。


(もし、あのひとだったら、こんなことは言わないだろうな)

(あのひとならこんな態度とらないで、爽やかに笑ってくれるだろうな)

(もしあのひとなら…)

 と。


 しかし、以前、交際していた女性と気まずい日々が続いていた時、その妄想の対象は、今一緒に暮らしている恋人だったのだ。


 その「あのひと」と暮らせば、エッ、こんなひとだったの!?と思うことが多くあった。

 これは、おそらく色んな「あのひと」との間に起こり得ることである。


 憧れのひとは、憧れのまま、私の中に大切にとっておく。そして現実の恋人と、できれば仲良く、一緒に歳をとっていきたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます