第147話 依存症者の告白(147)

 深夜である。酔いも、覚めている。


 虫たちが鳴いている。恋を求めて、鳴いている。

 夜中だと、相手に聞こえ易いのを知っているのだろうか。

 人間に聞こえないだけで、昼間も鳴いているのだろうか。


 いい相手と、巡り逢えればいいなと思う。

 きっと、その方が、幸せなんだろうなと思う。


 鳴くことしか、できないよね。

 いい相手が見つかるかなんて、分からなくても。


 人間世界は、巡り逢った後も、いろいろあってネ。

 でも、せっかく生きたんだ。

 幸せになれるよう、祈っているよ。


 虫に、心の中で言う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます