第146話 依存症者の告白(146)

 エッチな話は、労働意欲を高めるとかいう話を聞いたことがある。

 さもありなん、同じ「欲」を拠点とするものだ。


 男が多い職場では、そのような話で、仕事中もけらけら笑っていた。

 女性の読者がいたら、気を悪くさせるといけないので、ここでは話さない。

 しかし、無邪気なものだった。邪気など、皆無であった。単調な労働の合間ぐらい、許してほしい。


 少しだけ話すと、私は熟女好きである。美少女とかアニメとか、全くダメである。人生の、酸いも甘いも知り尽くしたような、それでいて可愛いひとが、好きである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます