第136話 依存症者の告白(136)

 私の欠点は、人の目を気にするところだ。

 この性癖は、職場において多く見られる。

 自分が「評価されている」と思ったら、すぐ調子に乗る。そして「あ、こいつ調子に乗ってるな」と相手にすぐバレる。


 私にとっては、「評価されている」意識が、嬉しくてたまらない。私はとても気持ち良く、必要以上に笑い、心は踊ってさえいる。だが、相手はしっかり、シラケているのだ。


 そうしてせっかく親しくなった相手は離れていく。だが、職場だから、現実に離れることはできず、不承不承一緒にいることになる。もう、世間話もできない。


 気まずい空気に、私は打ちのめされる。相手に、全く非は無い。悪いのは、調子に乗った私である。


 そんなことから、職を辞したこともあった。


 この性格、なんとかならないかとおもう。

 日常生活においても、様々な場面で、私はそうなる。些細なことで、人から「好かれている」と思ったら、とてつもなく嬉しくなり、嫌われたと思ったら、不幸のどん底のように落ち込む。


 淡々と、さりげなく、生きれたらいいと、頭では思うのだが。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます