第134話 依存症者の告白(134)

 恋人よ、あなたは何も負わなくていい。

 わたしが、ただ、好きで、やっていることだから。


 あなたは何も悪くない。

 何も悪くない。


 どうかそのまま、あなたの命を生かしてほしい。

 どうにもならない命だけど

 やさしく、あなたはあなたの命を愛しんでほしい。


 どうしようもなく、わたしもわたしのままでいる。


 どうぞ恋人よ、そのままで。

 運命を、愛しもうではないか。

 焦せることなく、ゆっくり、ゆっくり。


 せめて生きてる間ぐらいは。


 何かを憎んだところで

 どうなるわけでもないのなら

 せめて心の中だけでも

 自分自身を愛しもう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます