第107話 依存症者の告白(107)

 よく、ニュースなどへのコメントに、「個人的にはこう思います」という言葉を見る。

 実にどうでもいいが、この「個人的には」には、「私とあなた(読んでいる人)は違うんですよ」ということを強調したい感じが、あぶりだされているように思われる。 

 なぜ「私は」でなく、「個人的には」と言わなければならないのだろう。あなたが、個人であるのは決まりきっていることなのに。


 匿名のネット社会だから、あまり自分の意見を堂々と延べたら、攻撃に遭う、とでも思っているのかしら。そのための防護柵としての「個人的には」のように見えなくもない。


 また、これも言葉の問題でしかないけれど、「自己責任」も不思議である。自己以外の、誰が責任を持てるというのだろう。それを口にする人は、「私はあなたと関係ないんです」と、遠巻きに言っているような、わざわざ突き放している印象を受ける。


 海外の戦闘地域などに、危険を顧みず行って、拉致された人を非難する声を、よく目にした。その人を救助するために使う金銭を、税金の無駄使いだとか言っている声もあった。治安の悪い国に、あえて行く人は、そんなに悪いことをしたのだろうか。わけのわからない為政者の私腹に肥やされる税金より、人の命を救う方に使われた方が、よほどお金の使い道としてまっとうなのではないか。


 自分が攻撃されたらイヤなくせに、人のことは平気で攻撃する。それがほんとうに非難するに値することなのか、ろくに吟味もしないで非難する。ひとりじゃ、何もできないような人間が、集団に入れば盗人の猛々しささながらに、やたら吠えまくる。

 その心情、わかる気もするけれど、あまり好ましい目で、私には見られない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます