第98話 依存症者の告白(98)

 わたしのどこが好きなの?って彼に聞いたら、「顔と身体」だって。

 嬉しかったなあ! 心とか精神とか言われるより、ほんとに嬉しかった!

 だって、手がつけられるもの。雲みたいなものじゃなく、この手で、ろくろで回せて、こねられるものだもの。


 ぼくのどこが好き?って彼が聞くから、「ぜんぶ」って答えた。面倒じゃない、いちいち言うの。

 そしたら彼、考え込んじゃった。どこからどこまでが、自分なのか、分かんなくなっちゃったみたい。

 真面目なんだろうな。それで、「真面目なところ」って言ってみた。そしたら、つまんなくなっちゃった。

 彼、一層まじめになろうとして、全然ヘンじゃなくなっちゃった。ちょっとヘンなところが、大好きだったのに。


 コトバって、現実に体現できること以外は、まったく無意味だね。待ち合わせの時間とか、場所とか、そういうことを言う以外に、ほんとに意味ないんだね。

 冗談が好きだな。冗談言って、笑わせて、わたしも笑うんだ。だって一緒に笑っていると、とっても気持ちがいいんだもん。冗談の他に、あんまり使いたくないな、言葉。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます