第95話 依存症者の告白(95)

「きみは愛という言葉を、軽く使い過ぎるね。愛の意味も分かっていないくせに」

「そう、分からないんだよ。ただ、そうとしか言えないんだな。だって、分からないんだから」

「何が?」

「この自分の、相手に対する気持ちが」


「甘えているんじゃないのか?」

「この自分の気持ちを理解しないで、相手に向けることが?」

「そうだよ。無責任じゃないか」

「ぼくは、責任というのも、よく分からないんだ」


「きみは一体、何なんだい?」

「分からないよ」

「困ったものだね」

「ぼくは困らない。きみが困ってる」

「困れよ、きみの問題だろう?」

「困っているよ。でも、慣れてしまったのさ。きみは、ぼく程ぼくに慣れていないから、ぼくみたいに困れないでいるんだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます