第81話 依存症者の告白(81)

〈この世の怨みは 怨みをもって静まることはあり得ない

 怨みを捨ててこそ静まる これは永遠の法である〉


 アメリカとイラクの戦争が、終息に向かう頃だったろうか、米国民の女性が、「もう戦争は辞めてほしい」と涙ぐんで言っているのをテレビで見た。確か、その方は、息子さんをその戦争で亡くして、まもないはずだったと思う。


 そのテレビを見た限り、「アメリカの国民の多くが、もうこの戦争を続けて欲しくないと思っている」ということだった。

「息子が殺されたことは、とても悲しいです。でも、もう怨んでいません。この戦争を止めて欲しい」そのような言葉も、印象に残っている。


 ところで、喜怒哀楽の感情の中で、「怨み」は「怒」に近そうだ。そして怒りの背後には、正しさ、正義といった陰影がつきまとう気がする。

 国どうしの戦争は、そのトップ、権力者、軍が、始める。なぜ起きるのか、くわしく私は知らない。でも、その看板に「正しさ」が見え隠れして仕方ない。

 為政者や権力者は、何のために嘘をつくのだろう。


「みんなが嘘だって分かっている嘘は、もう嘘になりませんから」

 あ、そうですか…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます