第75話 依存症者の告白(75)

「眠れない夜、きみは何を考えている?」

「明日のこと、今日のこと、今までのこと…」

「どうして考えるんだろうね」

「何か、不安なんだろうな」

「少なくとも、安心してはいないね。そもそも、どうしたら安心できるんだろうね」

「うん、安心って、自然に安心するね。不安も、自分の意思に関わりなく、自然に不安になる」


「つまらないことって、よく覚えているだろう?」

「覚えていてもしょうがないこと、よく覚えてるよ。いいことも一杯あったのに、いやなことばかりを思い出したりする」

「いいことには、意味がないのかもしれない。幸せは、自分のためにならないのかもしれない。いやなこと、不幸なことにこそ意味があって、それが自分のほんとうのためになることを、人間は本能的に知っているのかもしれない」


「つまらないことを思い出すのは?」

「実は、ほんとうはつまらなくない、きみに必要な抽象であるのかもよ! きみの知らないきみが、忘れてはならない大切なこととして、記憶に刻んでいるんだ。しかし、きみの知っているきみには、つまらないとしか思えない。記憶にとって、それは不当な扱いかもしれない。だって、人間は、ほんとうに必要なものだけを覚えて、今まで進化を遂げてきたんだから。きみが忘れたいことは、とてもとても大事なことなのかもしれないよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます